FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
カンヅメ化定点観測

妻を整えるDSC06122


缶詰化DSC06129
2019年2月16日撮影。

カンヅメ屋根:「今、多く茅葺き民家の屋根に金属が被っています。茅葺きファンから見れば茅葺き屋根が金属葺きに変わるのは嬉しいことではありません。それを「缶詰(カンヅメ)」と呼び評価しません。一方で「缶詰屋根は茅葺きという文化を伝えて行く上でとても大切」という茅葺き職人がいます。」(日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」『あの屋根この屋根』  http://www.kinzoku-yane.or.jp/feature/n_10/n_10-01.htmlより)


出雲大社の屋根 大阪は4月19日(金)から
匠の技・知恵・心意気
8年間通い詰めて切り取った、渾身の写真展 

写真DSC06083

2019年2月1日(金)~2019年2月7日(木)、10:00~19:00 、東京六本木・富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1で。

2千木DSC06086
中塚雅晴写真展「出雲大社平成大遷宮御修造」

1正面DSC06064
※ 2月1日(金)・2日(土)に写真展併催イベントとして、各日 15:00~(約30分)展示会場で、中塚雅晴氏によるギャラリートークが開催され,熱心にメモを取り、熱心に質問する人も。

kaijyou DSC06089

この後、4月に大阪でも開催。
富士フイルムフォトサロン 大阪  2019年4月19日(金)~4月25日(木)

60年ぶりの出雲大社「平成の大遷宮」御修造を8年間見続けた記録。
「日本の歴史と神々の世界へ想いを巡らし、1200年続く伝統技術の素晴らしさと日本の文化を継承し続ける重き責任を担う職人たちの真剣な思いを感じつつ、出雲大社に通い続けてきました。何度も足を運ぶことで職人さんや多くの方々と「縁」をいただき、この写真展を開くことになりました。修造工事において、様々な職人の手技を見て日本文化の奥深さを知って頂ければ幸いです。」(中塚雅晴氏)



出雲大社境内 30分の1模型

大社本殿模型
延享元年(1744)から現在に至る瑞垣内に存在する建物の模型。製作は広島県立三次工業高等学校建築クラブ。出雲大社彰古館(宝物館の一つ)に展示されている。

解説

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
明治神宮社殿
明治神宮


祭神は明治天皇と昭憲皇太后。初詣では例年日本一の参拝者数。今年も三が日で300万人の参拝を予想。
PG9P5001.jpg
明治神宮: https://ja.wikipedia.org/wiki/
500案内図 PG9P5076


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
東京駅駅舎創建時の屋根の模型
舞鶴煉瓦博物館に展示されている模型
toukyouekisha
北ドーム下は降車口
東京駅舎中
中央は皇室専用の出入り口
創建時の東京駅舎の模型
南ドーム下は乗車口となっていた。
銅板葺部分は緑青色。グレーはスレート部分。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

世田谷次太夫堀公園民家園 手作り市
茅葺き、鍛冶屋、大工、染色、紙すき、柿渋、竹細工・・・
茅葺き研究会 

kayabuki.jpg
ヤナカ、エツリ、ロッパ、ケショウ・・・

手作り市PB230524
11月23日、東京・世田谷区立次太夫堀公園民家園で第19回手作り市が開催された。

houki.jpg


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

アザラシの背に鋭い剣先。
国宝・香取神宮本殿の屋根

鋭い剣先 香取神宮 P8150216
鋭い剣先
動物の背中 
実は檜皮葺の千鳥破風の一部
香取 P8150205
国宝本殿は、元禄13年(1700年)の造営。三間社流造、檜皮葺。
由緒
由緒

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です