FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根クイズ
屋根クイズOA060310 (2)
どこの屋根でしょう

屋根クイズ OA060307 (2)
第2ヒント
屋根クイズOA060298
第三ヒント。左手前の紋。

総武線の屋根OA060246 (2)

両国駅の屋根OA060250

答えは

竣工OA060273 (2)
です。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
茅葺き屋根の形式
日本建築の屋根を考える

白川郷

富山県の建築士・可部谷純一氏が日本屋根経済新聞の連載第3回で、茅葺屋根の形式、地域で異なる熱環境、地域経済と民家のつくりなどに関して執筆している。北の切り妻屋根の例として、ルーフネットが白川郷の茅葺屋根の写真を提供しています。

448屋根新聞
(日本屋根経済新聞2020年8月8日号)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
どうやこの屋根
20209705 DOUYAこの屋根

448表紙候補 京セラ美フィニアルO7060598
車寄せの上の巨大な擬宝珠(ぎぼし)状のフィニアル。

正面 O7060585 (3)
2020年5月16日リニューアルオープンした京都市京セラ美術館。
現存する日本最古の公立美術館、京都市美術館が、リニューアルオープンした。昭和8年の創建で、地上部の外観は変わっていない。 ただし屋根の銅板は吹き替えられ、緑青の屋根は10円玉色だ。それでも、屋根錺はそのまましよされているため、このフィニアルを初め、帝冠建築を象徴する中央正面の桃山風の千鳥破風に載るベル型の棟飾り、大棟の路盤宝珠様の錺も、そのまま。
葺き替えられたばかりの銅色の屋根とのコントラストが新鮮だ。

7月5日、NHKの人気TV番組「日曜美術館「」がこの美術館を紹介した。案内役は、同館の館長で、改修設計を担当した建築家の青木淳。どこが変わり、どこが同じなのか新しい美術館のあり方を示している。、

改修前
改修前の同じ錺。
風と金属屋根(第3版)発行
強風・大降雨踏まえ改訂
全国で講習会も実施

風と金属屋根 第3版 P2080053



2000年以降台風の大型化が顕著になり、2018年の台風21号、2019年の15号では風速50メートルを超える瞬間最大風速を各地で記録した。大降雨量の記録も更新が続いている。同協会技術委員会は、台風性能に関して、新たに考察を加えて、第3版を発行した。
「風と金属屋根」は金属屋根の風に対する安全性向上を目的として1989年9月に初版を発行し、さらに2000年には、建築基準法の改正に合わせて2001年10月に第2版を発行していた。

600_20200309142904071.jpg

600mokuji 2BRN3C2AF425D8EC_001161 (2)




雨仕舞図 P2080059
雨仕舞図
風と雨仕舞のこう P2080056
風と雨仕舞





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
柿と屋根
古くて新しい筑波の屋根

kaki OB040074 (2)
筑波市柳橋の農産物直売場にちょっと変わった屋根の蕎麦屋がある。

448hariOB040055.jpg

448kamadoOB040050.jpg

448」水車小屋と車軸の屋根OB040044


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
屋根の守り神
鳩と鶏?
鳩と鶏OA230100

鶏とカラス?
karasuOA230099 (2)

後ろ姿
後ろ姿OA230083 (2)


鳳凰クイズ
1OA2鳳凰クイズ30082 (3)
どこの鳳凰でしょうか

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

金沢駅・鼓門の屋根
448正面

金沢駅東口(兼六園口)の広場、近代的・幾何学的なガラスの巨大なドーム大屋根の前で、対称的に質実剛健な木造建築の門が、アクセントを添える。2つの鼓の胴が、波打つ銅屋根支える,鼓門。金沢を訪れた人に傘を差しだすイメージだそうだ。金沢の伝統芸能である能楽(加賀宝生)で使われる鼓をイメージしている。高さが13.7mもある2本の太い柱に支えられた天幅24.2メートルの屋根の門構えは圧巻だ。多くの観光客がまずここで記念写真を撮影する。金沢駅は世界で最も美しい駅14駅の1つに選出されているとのこと。

448hisashiO9020009 (2)

門の構造、まして屋根の造りは、全く見えないのだが、ちょうどいいものが、駅構内に展示されていた。建築に先立ち十分の一の模型を作成して、柱や梁の重なり具合、組み立て順序を慎重に検討したのである。素材は米松集成材、屋根は銅板の一文字葺き。屋根の複雑な構造は、この模型でしか見えない。

448格子の屋根

この波打つ屋根と太い柱を持つ鼓門、実はただの門ではない。巨大なガラスドームの雪受けと、大量の雨水を貯水槽に導き、さらに地下部の換気機能も担っているという。
448O9020003.jpg


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です