(旧 「防水屋台村」建設中)
仮設屋根 苫が鎮める 雨の音
震災仮設住宅の屋根の雨音

苫葺きで 断熱と防音
トタン屋根が潤いのある屋根に変身する。

被災地の仮設住宅の屋根はまずトタン葺きだ。神戸での大震災を経験した茅葺職人は、「暑さ寒さはもとより、雨天時に電話の音も聞こえなくなる程うるさいことが、大変なストレスになる」ことを知っているという。

実際、苫は薄くても茅葺き屋根だから、苫を1枚葺くとほとんど雨の音がしなくなるそうだ。

茅葺きの民俗学 

茅葺きの防音効果については、茅葺きのバイブル安藤邦廣筑波大名誉教授の名著「茅葺きの民俗学」(1983年はる書房、絶版)P26 「茅葺きのはたらき」の節に、こんな言葉がある。

ふじの木ばしら かややのあめ、 人こそ知らね屋の内に、すぐで立ったる人はなし
                                                          (浄瑠璃・卯月の潤色)

かややの雨とは茅葺きの家に降り注ぐ雨で、音のしないことのたとえである。都会の騒音にならされた現代人にとってかややの雨は一文の価値もないものかもしれない。 しかし茅葺きの家に入ってまず驚かされるのは、その吸い込まれるような静けさであり、且つその静けさの中にかすかに感じられる外の気配、、沢の流れや風の音である。全く室内の反響音がないからだる。茅葺きに住む人々に茅葺きと他の葺き材との違いについてたずねると、意外に多いのは「茅葺きは雨音がしなくて良い」という答えである。



この話の續きを聞きた人は、2017年5月31日、ビッグサイト西1「 R&R建築再生展」 のjWHA日本防水の歴史研究会ブースで、
神戸から来た、茅葺き職人、塩澤実さんに、どうぞ。 (入館は招待状または http://rrshow.jp/ 事前登録)で無料。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
ルーファーのための音楽会 2017.6.1(木)
菅沼起一&中世音楽アンサンブルのオリジナルコンサート
建築と音楽 live  6月1日 11:30~東京ビッグサイト西館1 
屋根と音楽
昨年の演奏の様子

事前登録で無料 http://rrshow.jp/      

2017年6月1日(木)  「屋根を遊ぶ」
11:30~12:00 中世音楽アンサンブル 建築と音楽live 1回目
13:00~13:30 中世音楽アンサンブル 建築と音楽live 2回目

Thème de Roofnet S'amuser en toiturant
屋根の歴史・防水の歴史を音楽や美術を通して見るという屋根遊び。



「出演」
鏑木綾(歌)
菅沼起一(リコーダー、ショーム、お話)
小花恭佳(リコーダー、ショーム)
佐藤駿太(ヴィオラ、ハーディ=ガーディ)
森田叡治(チェロ)

「プログラム」
Opening:
 ・ティルマン・スザート:ラ・モリスク(『ダンスリー』より)
  Tielman Susato(c1510~1515 - after1570): La morisque from “Danserye” (Antwerp, 1551)
建築と音楽:
 ・ピエール・ド・ラ・リュー:アニュス・デイ(《ミサ・ロム・アルメ》より)
  Pierre de la Rue(c1452 - 1518): Agnus Dei from Missa L'homme arme
楽器紹介:当日のお楽しみに!
屋根と音楽:
 ・ジャケス・ド・ヴェルト:屋根の孤独な雀も
  Giaches de Wert(1535 - 1596): Passer mai solitari'in alcun tetto
ブリューゲル時代の音楽:
 ・ヤコブ・オブレヒト:タンデルナーケン
  Jacob Obrecht(1457/8 - 1505): Tandernaken
 ・ヤコブス・クレメンス・ノン・パパ:さようなら、私の心の喜び
  Jacobus Clemens non Papa(c1510~15 - 1555/6): Adieu delices de mon coeur
 ・スザート:第4ブランル
  Susato: Les quatre branles         



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

 
バベルの塔 の音楽
バベルの塔 の音楽
NAXSOSミュージックライブラリ―2017.5.12現在のメニュー

ばべる「
3000年前の超高層建築の防水・シーリング


①広瀬勇人 : バベルの塔
アルバム 第13回世界吹奏楽大会 2007 - アイルランド、キラーニー(名古屋芸術大学ウインド・オーケストラ)
レーベル Mark Records [7215-MCD]  再生時間 11:09  


②ルビンシテイン : バベルの塔 Op. 80 - 序曲
アルバム ルビンシテイン:バベルの塔 - 序曲(ザンパラス/ボフスラフ・マルティヌー・フィル/ミッチェル)
録音   Dom Umeni, Zlin, Czech Republic, 12-14 November 2010
レーベル Centaur [CRC3204]  再生時間 4:30  

③L. ニールセン : バベルの塔 Op. 35
アルバム L. ニールセン:バベルの塔(デンマーク国立放送合唱団&交響楽団/ヒューズ)
録音   Danish Radio, Denmark, 1-3 October 1999
レーベル Dacapo [8.224157]  再生時間 35:09  

④M. カーゲル : バベルの塔(抜粋)
アルバム ミュンヘン音楽コンクール委嘱作品集
レーベル Oehms Classics [OC533]  再生時間 15:59

⑤G. ハード : バベルの塔
アルバム ハード:室内楽作品集(ハード・アンサンブル)
録音   Ear Relevant Audio and Ex'pression Studio, United States,
レーベル Innova [INNOVA937]  再生時間 1:04  

バベルの塔:かつて世界中に言葉はひとつしかなく、みな同じ言葉を話していた。東からやってきたあるグループが、シンアルの地に住み着いた。 そして「レンガを焼こう」と話あった。石の代わりにレンガを、漆喰の代わりにアスファルトを用いて、「さあ天まで届く塔のある町をつくり有名になろう」と言った。
神は塔を見て「彼らは一つの民で、みな一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が理解できないようにしよう」と言った。そして彼らをシンアルの地から全地へ散らされたので、塔と町の建設はストップした。町はバベル(混乱)と呼ばれるようになった。神が言葉を混乱させ、人々を散らしたからである。(旧約聖書 創世記11章 1~9節)
photoアルバム  「磬(けい)」と「磬架(けいか)」
重文・宝珠文磬(けい)(鎌倉時代14世紀制作)室生寺所蔵(のレプリカ)



室生寺の「磬(けい)」と「磬架(けいか)」のレプリカ。昭和9年製作。80㎝(縦)、100㎝(横)、35㎝(高さ)。東京・日本橋奈良まほろば館で。

R0140272.jpg
磬は導師の脇に置かれている梵音具(ぼんおんぐ)で、読経の調声などに用いられる。磬架はそれを懸ける台。実物は、室生寺本堂(灌頂堂)で使用されているそうだ。

音の出る仏具を総じて梵音具という。鐘楼に吊るされた梵鐘や仏堂の内外に吊るして鳴らす鰐口(わにぐち)や雲版(うんぱん)、のほか、儀式の中で鳴らす磬(けい)、鉦鼓(しょうこ)、木魚(もくぎょ)などがある。

三井寺の仏教豆辞典 http://www.shiga-miidera.or.jp/doctrine/be/129.htm  に詳しい



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



聖書と防水の音楽
サンサーンス オラトリオ「ノアの方舟」href="http://blog-imgs-91.fc2.com/r/o/o/roofnet/2016110121313022e.jpg" target="_blank">enjoy Roof Concert 〇ハープとオルガン

「ルーフネット」のミュージックフォーラ・フォーラムは聖書に表れる防水の話と音楽を巡ります。

サンサーンス作曲・「ノアの洪水」(独唱、合唱、オーケストラのためのオラトリオ)作品45
シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、ピアニスト、オルガニスト。


ノアの洪水 サンサーンス
音楽サイト「ナクソスミュージックライブラリー」で試聴できる。

前奏曲
第1部:人の堕落、神の怒り
第2部:箱舟と洪水
第3部:鳩、箱舟からの脱出、神の祝福
の4部構成。チェンバロではなくハープ伴奏のレシタティーヴォが心地よい。

旧約聖書「創世記」のノアの箱舟伝説に基づくオラトリオ「ノアの洪水」。1876年に初演されて講評を得た。「サンサーンス円熟期のオーケストレーションの見事さで、ドイツやイギリスなどフランス国外におけるの名声を決定付けた大作」と評価される。この前奏曲は作曲者自身によるヴァイオリンとオーケストラ用の編曲で、単独で演奏されることの多い美しい音楽である。

神はノアに言われた。あなたはゴフェルの木の箱舟を作りなさい。箱舟には小部屋をいくつも造り、内側にも外側にも瀝青(アスファルト)を塗りなさい。 創世記6章 9節
創世記には舟のサイズも記載されている。その大きさは15,000トンクラスの舟にあたるという。内側にも外側にも塗りなさい。すなわち、「屋根にも壁にもアスファルトを塗りなさい」と命じたわけだ。



Thème de Roofnet S'amuser en toiturant
屋根の歴史・防水の歴史を音楽や美術を通して見るという屋根遊び。
JWHA enjoy roof コンサート


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


ノアの方舟の音楽
Thème de Roofnet  S'amuser en toiturant

屋根の歴史・防水の歴史を音楽や美術を通して見るという屋根遊び。
JWHA  enjoy roof コンサート

ennsou.jpg
2016年6月2日(木) 11:30~12:00   14:00~14:30
東京ビッグサイト 東1ホール で開催された「第21回建築再生展」で「JWHA日本防水の歴史研究会」が企画しました。

曲目:
ギョーム・デュファイ:花の中の花
作者不詳:私は水を見た(グレゴリオ聖歌)
作者不詳:私は水を見た(『トレント写本』所収のポリフォニー)
ギョーム・デュファイ:薔薇の花が先頃
作者不詳:全ての命は罪を


演奏:
菅沼起一(リコーダー)・解説も。
上田朝子(リュート/中世フィドル)
鏑木綾(ソプラノ)
渡辺研一郎(テノール)


建築と音楽 ギョーム・デュファイ(1400年頃-1474):モテット《花の中の花》、《ばらの花が先頃》はフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の落成時に演奏されました。特に《ばらの花が先頃》は聖堂の寸法を数比化したものを楽曲の構造にあてはめて作曲しています。
聖書と音楽 《全ての命は罪を》はノアの箱舟について歌われた中世の楽曲。創世記の物語をそのまま長々と語っています。単旋律の楽曲ですが、場面に合わせて様々なアレンジで演奏されます。


コンサートチラシ



sarani.jpg

ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

水の上の草屋根の家
yanenikki    「写真で伝える世界~シリア、東北の現在~」
水上の草やね P5070181
2016年5月7日(土) 会場日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1番4号) で。

水上の草屋根P5070181
フォトジャーナリスト安田菜津紀が取材してきたシリア難民についてなどの世界情勢から、東日本大震災の被災地、陸前高田市をテーマに写真の「今」を語った。

写真コンサートP5070271
第1部:「写真で伝える世界~シリア、東北の現在~」(60分)

第2部:安田菜津紀×タテタカコ トークセッション(30分)
世界各地でライブ活動を行うタテタカコ。安田菜津紀と共通の訪問地であるカンボジアや東北各地をキーワードに、それぞれの写真活動、音楽活動を通じて生まれる「伝えたいこと」について語る。

第3部:音楽×フォトスライド上映(30分)



海P5070210
世界各地で貧困や難民など社会問題を取材するフォトジャーナリスト・安田菜津紀(左)。ピアノと歌で伝える独特のソウルフルな楽曲で、国際的な演奏活動をするタテタカコ氏。カンボジアでの活動を通じて出合った二人が伝えたいひとつの思いとは。ジャンルの異なるフォトジャーナリストと音楽家の思いがぶつかるセッション。

シリア


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会