(旧 「防水屋台村」建設中)
サーツ 平成29年度第3回寺子屋 

平成29年度 サーツ寺子屋「風土と建築防水」 ~長寿命化の基礎となる防水 Q&A-12~
サーツ寺子屋2回 丸山和郎幹事 P2200212
左が田中享二講師。右はサーツの丸山和郎幹事

NPO建築技術支援協会(サーツ)http://www.psats.or.jp/katsudou/senmonshi.html は2017年6月15日(木)、18:00〜20:00、東京・本郷の東京大学 本郷キャンパス工学部11号館8階、松村藤田研究室会議室で、平成29年度 サーツ寺子屋「風土と建築防水」 ~長寿命化の基礎となる防水 Q&A-12~を開催した。 今回の講師は田中享二東京工業大学名誉教授。

当日は事前に配布されたQ&A形式のレジュメに沿って行われた。世界の気候風土と屋根の形の成り立ち、から講義は始まり、建築材料の劣化と水との関わり、建物を水から守る防水技術と材料、地下水からも影響を受ける建物構造物について、など、建築技術者が専門用語を使って一般市民に説明するものとは異なり、家庭の主婦にも解りやすい建築防水のお話。 専門外の建築技術者や建築を志す学生の方たちにとっても、建築防水の基本となる考え方を再認識する良い機会となるミニセミナーであった。

ビールセミナー P2200215
定員25名。毎回、会場に入るとレジュメと飲み物とつまみが手渡され、くつろいだ雰囲気で、高度でありながら解り易い講演が行われる。 この日も満席。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第17回通常総会 匠リ協
賢い消費者と優れた技術者の育成が使命
NPO匠リニューアル技術支援協会

匠 17回総会 毛塚P4300404
総会で挨拶する毛塚宏代表理事。「マンション住民及び管理組合の大切な財産であるマンションを良好な状態に保ち、保全・維持のための技術者の地位向上・育成を目的に、設計コンサルタントの業務評価を行える技術系中立機関として、マンションの劣悪なリニューアル工事から消費者を守って行こう」。


NPO匠リニュアル技術支援協会は、平成29年6月14日、東京都の練馬区役所交流会場で、第17回通常総会と記念講演会を開催した。
同協会は、「賢い消費者(管理組合)および優れた技術者の育成、さらに両社のパートナーシップの醸成をによって効果的な事業展開を図ることを目的に、2007年、各分野のエキスパートが集まり設立された。現在は、昨年度の設立15周年事業の際に緊急提言した「建物長寿命化を目指した設計及び施工品質の向上」に向けて、事業を展開している。

また本年4月、日本建築学会の防水工事運営委員会に新たに設置された大規模修繕のあり方WGに参加し、これまでになかった消費者目線での大規模修繕工事のありかたを探る。初年度は、施工者の意識が品質に与える影響を検証してゆく予定。

当日は新年度事業計画として、①建物の保守・保全に関する助言・支援事業:東京都、埼玉県、加奈がエア県への講師派遣,②管理組合などへのアドバイス事業、③消費者の地域ネットワーク化、④教育事業として、匠塾、プライベートライセンス…などを決定した。



石原講師P4300396
総会前の特別講演で、「ウレタン塗膜防水層の適切な膜厚確保のための最近の研究」について報告する千葉工業大学石原沙織准教授。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
平成29 年 ARK定時総会開催
アスファルトルーフィング工業会定時総会
燃水祭では菅野理事が日本書紀奉唱

ARK会長aisatsu

ARKアスファルトルーフィング工業会は6月9日、東京・人形町の日本防水材料連合会会議室で、平成29年定時総会を開催した。28年度の各部会及び委員会活動報告・決算報告、29年度予算案・事業計画を審議し、全会一致で承認された。
また、毎年7月7日に滋賀の近江神宮で開かれる「燃水祭」に、今年もARKを代表して猪瀬会長、菅野・加藤理事の参加が承認された。

総会終了後、帝国ホテル 2F 「菊の間」で正会員・賛助会員54名が参加して懇親会を行った。
挨拶に立った猪野瀬正明会長(写真)は「原油価格が比較的低価格で推移し、アスファルトもその恩恵を受けているが、JWMAの防水市場面積調査の動向を見ると、昨年度はアスファルト、ウレタン、シート共に対前年で少し減少し、FRPだけが増加した。今年からオリンピック関連で少し市場が上向きにならないか期待している。JWMAも発足から10年を経て現状の組織を変更し、将来の一本化ための準備する案件を検討中である。この組織改訂案が総会で承認されると、ARKは解散しJWMAの中のアスファルト部会になる。したがって、ARKとしては活動を休止し、JWMAの新体制が軌道に乗った時点で解散することになる。賛助会員の皆様方にはARKからJWMAに移っていただきことになりますので、その節は詳しい説明をさせていただく機会を設けたい。JWMAが新組織に移行できれば心機一転、一丸となって様々な課題に取り組んでいくので今後とも宜しくお願いしたい」と述べた。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第47回 ロンプルーフ防水事業協組通常総会

5期連続でシェアトップ(塩ビシート防水)
400万㎡キープ

ロンプ総会 山崎理事長挨拶
挨拶する山崎睦治理事長。

ロンシール工業が製造する塩ビシート防水「ロンプルーフ」、「ベストプルーフ」による責任施工団体であるロンプルーフ防水事業協同組合は平成29年6月9日、大阪・中之島のリーガロイヤルホテルで、平成29年度第47回通常総会を開催した。

冒頭山崎理事長は「平成25年度に塩ビシート防水業界初の400万㎡を達成、その後トップシェアは維持しつつも、出荷量は伸び悩んでいた。しかし活発な事業企画により、組合員数は毎年増加、昨年は信越支部・四国支部が独立した。その結果28年度も401万4千㎡を達成し5期連続の業界トップシェアを維持できた」と挨拶した。

総会は堀尾知由副理事長が議長席に着き、議案を審議。来年度事業としてはは、塩ビシート防水の持つ環境負荷の低減・経済性などの特徴を前面に出し、設計織り込み活動を基本に拡販に努め、平成29年度の施工面積410万㎡を目指す…などの計画を決定した。

優秀組合員表彰 メーカー
門脇進社長より優秀組合員に表彰状が手渡された。

新専務理事 中瀬
新たに専務理事に就任した中瀬雅廣氏。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第54回日本アス防水協組通常総会

トータルでの環境対応優位性を訴え
一層の無煙・無臭化に注力

日本アス友長理事長P6070030
総会で挨拶する友長理事長。熱アスの高い信頼性と、製造段階から施工・廃棄までを含めたトータルライフサイクルコストでの優位性を訴えた。

総合防水メーカー・日新工業が製造するアスファルト防水材の責任施工団体である日本アスファルト防水工業協同組合は、6月7日、京都・河原町御池の京都ホテルオークラで平成28年度、第54回通常総会を開催した。
 
昨年度は、技能員の賃金が上昇傾向にあり、雇用関係は改善しつつあるものの、若手技能員の確保と技能の継承が課題となっている。その対策の一つとして、短時間でアスファルトが溶融し、工期短縮につながる電気溶融機を開発した。来期は高耐久・長寿命防水が求められる中で、①アスファルト防水による新築時から改修工事を考慮した長期メンテナンスの提案、②高層ビル・病院・物流倉庫など定期的な改修工事が難しい物件へは、高耐久のアスファルト防水保護工法を提案する、③実績のある環境対応型アスファルトの官公庁、設計事務所、建設会社への積極的アピール…などの事業計画を決定した。


相台社長感謝状贈呈P6070097
最優秀賞・フタバ興業以下、優秀賞⒑社、協力賞10社、合計20社に、相臺公豊社長から感謝状が贈呈された。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
プロジェクトアシアス第18回研修セミナー
プロジェクトアシアス第18回研修セミナー

「マンションを取り巻く悪徳コンサルタントの実態に迫る【前篇】」
~発注者を食い物にする組織化した悪徳コンサルタントに対抗する手立てはあるか~

日 時:平成29年6月30日(金)午後6時15分から午後8時15分
会 場:中野サンプラザ 7階(研修室10)
所在地:東京都中野区中野4-1-1
スクリーンショット (17)

参加費:3000円/人(管理組合役員等関係者は、1500円/人)
定 員:70名
主 催:プロジェクトアシアス
後 援:東京建物診断協同組合
講 師:鈴木 哲夫
問い合わせ先
TEL 03-3204-1530(鈴木哲夫設計事務所 代行)
FAX:03-3203-1503 メールアドレス: s - a r c @ t s a a . j p


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第5回 全国防水工事業協会通常総会
経営近代化、人材確保・育成事業に傾注
全防協

一社・全国防水工事業協会は平成29年6月1日、東京・九段下のホテルグランドパレスで第5回通常総会を開催した。
平成29年度事業計画として、経営の近代化、防水工事にかかわる人材確保並びに育成の観点から、「登録防水基幹技能者講習」、「防水施工管理技術者認定試験」および、「防水施工管理技術者研修会」を行うとともに、社会保険加入促進への取り組みを継続する、などを決定した。

28年度期末時点での正会員は637社。特別会員(団体)53社、賛助会員42社。
役員は以下。
800全ぼう協役員


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会