(旧 「防水屋台村」建設中)
木造住宅の漏水・劣化リスク対策で5年間の成果報告
「木造住宅の雨漏り、結露、劣化リスクを考える」
-建物外皮に着目した木造住宅の劣化対策ガイドラインについて-

主催者挨拶PG9P0753
福山洋(国土交通省 国土技術政策総合研究所 建築研究部長) 氏の開会挨拶。

国総研(国土技術政策総合研究所)は、2018 年 2 月 15 日(木) 13:00~16:45 、東京都文京区後楽のすまい・るホールで、設計・施工、住宅検査、材料・部材研究開発等に携わる実務者を主な対象 として、国総研資料に掲載されている木造住宅の雨水浸入や結露に伴う劣 化リスク、不具合事例、屋根・外壁・バルコニーの推奨仕様、維持保全方 法、住まい手との情報交換などについて分かり易く解説する説明会を開催した。

国総研資料

国総研は大学および住宅検査機関、住宅供給団体、住宅工事団体、材料・部材 製造者団体など実務者との共同研究を 5 年間にわたり実施し、その成果を国総研資 料 No.975「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」として公表した。 今回の報告会は、その成果の内容を実務者向けに分かり易く解説するために企画された。

石川先生趣旨説明PG9P0760
石川廣三委員長 (東海大学 名誉教授) 氏の概要説明。
「木造住宅の耐久性に関しては2000年に品確法が施行され、2009年には瑕疵の補修が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けた「住宅瑕疵担保履行法」が施行された。その結果、引き渡し後10年以内に瑕疵が発生した場合は、住まい手が保護される仕組みが整った、しかし瑕疵事故のうち、9割以上が雨漏りであり、依然として雨仕舞や防水対策が十分ではない。コンクリートに比べて木造住宅の耐久性の検討は遅れていた。そこで木造住宅の耐久性向上させるために、産学官24機関が5年間にわたって調査・実験・研究を行い、住まい手向けと造り手向けの1000ぺージを超えるガイドラインが」まとまった。本日はその概要を説明する。


プログラム (担当者敬称略)
司会:井上照郷(NPO 法人 湿式仕上技術センター 事務局長)

共同研究の全体概要
石川廣三(委員長、東海大学 名誉教授)

住まい手に向けた長持ち住宅実現のガイドライン
宮村雅史(国土交通省 国土技術政策総合研究所 主任研究官)

木造住宅の水分に起因する劣化リスクの分析と評価
齋藤宏昭(足利工業大学 教授)

屋根および外壁の設計・施工に起因するリスク・不具合と耐久性評価
梅田泰成(日本木造住宅産業協会 技術委員会委員)

木造住宅の屋根および外壁の設計・施工ガイドライン
輿石直幸(早稲田大学 教授)

総括
中島正夫(関東学院大学 教授)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
第5回 リニューアル技術開発協会セミナー
仕様書に書かれない品質管理のポイント  
シーリング・洗浄編    3月12日(月)東京・八重洲で


リ協シーリングセミナー



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
平成30年 全アロン防水組合関東支部 賀詞交換会

記念講演はプロ野球の駒田徳広氏
「満塁男のなんでも言っちゃいます!」

448アロン関東川上氏

全アロン防水組合関東支部は1月23日、東京・芝公園のメルパルク東京で、記念講演会と賀詞交歓会を開催した。
15時30分からの講演では、「プロ初打席、満塁ホームランを放ち、その後もここ一番での勝負強さを見せ、在籍した巨人ではリーグ連覇。横浜ではリーグ優勝、日本一をけん引する。勝負から逃げない男」が、「ここ一番での心構え」と「球界の裏話」を、さらに「最悪の事態をイメージしたうえで開き直る。そのことで余裕ができる」など自らの経験とノウハウを語った。

アロン乾杯P1230067
懇親会では川上一三関東支部長が「 過去の好成績にあぐらをかかず、関東支部の目標500トンを目指そう」と挨拶、メーカー挨拶、キャンペーン説明の後、関東支部管理士会宮川賢一主査(エムジェーシー)の発声で乾杯した。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
2018年KRK新年会と講演会
記念講演は小野正氏(元清水建設)
「経験から伝えたい、楽しく仕事をするために」
小野さんKRK新年講演会PANA0095
合成高分子ルーイング工業会(KRK)は平成30年1月26日、東京・神保町の学士会館で講演会と新年会を開催した。

KRK乾杯PANA0141
パーティーであいさつに立った藤本会長(写真中央)は「来年の2019年、当工業会は創立50周年を迎えるため準備を開始した。今年はJWMA統合に向け新しい動きが始まる。様々な問題に対してbetterではなく、best な選択ができるよう、慎重に検討してゆく」と述べた。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
防水技術者・技能員必携「防水施工法」
一社・全防協が8訂版を発行
B5版659ページ 

防水施工法2017
 
一社・全国防水工事業協会は防水施工に携わる携わる技術者・技能者のための教科書として1976年以来「防水施工法」を発刊、これまで6度にわたって改訂を重ねてきた。この間40年、防水工事を知る上で又施工に際して最も信頼に足る参考図書として評価され、防水技能士の受検用参考書として活用されてきた。
このほど6年ぶりに改訂、防水層の種別とその工法および特徴を見直した。また各防水の共通項目については、整合性を図りながら、「主要材料と補助材料」や「施工用機械・工具類」などの見直しも行い、機械施工への進化にも対応するとともに、「増し張りや各部の処理」を付け加えている。

書店価格は9千円(税別)。

4481.jpg
4482.jpg
448 3
4484.jpg
448 5

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて





JADAが:「建築ドローン災害対応検討WG」を設置
一社・日本建築ドローン協会が「建築ドローン災害対応検討WG」を設置
主査は協会副会長の楠浩一の氏(東京大学)

楠浩一氏 
楠浩一主査

一社・日本建築ドローン協会(本橋健司会長)は、1月10日、技能講習会を通して災害対応技術の普及を図ることを目的に、建築ドローン災害対応検討WGを設置したことを明らかにした。。 
今後、建築ドローン人材育成検討WGと連携しドローンを用いた災害調査の可能性や、具体的な活用案、ドローンに求められる新たな機能といった基礎的な情報を整理する。併せて現在のドローンの機能や性能、ドローンを取り巻く法規制関連情報の入手を行う。主査は副会長の楠浩一東京大学准教授。

具体的な活動計画は次の通り。
 ・ドローンに関する各種既定の情報を収集する。
 ・地震、台風、火災などの災害を対象として、ドローンの利活用が機体される項目を検討する。
 ・建築ドローン災害対応テキストを作成する。
 ・建築ドローン技能講習会の内容を検討する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
RNY国総研が成果報告会「木造住宅の雨漏り、結露、劣化リスクを考える」
-建物外皮に着目した木造住宅の劣化対策ガイドラインについて-

DSC04866.jpg


国総研(国土技術政策総合研究所)は、大学および住宅検査機関、住宅供給団体、住宅工事団体、材料・部材 製造者団体など実務者との共同研究を 5 年間にわたり実施し、その成果を国総研資 料 No.975「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」として公表した。 この程その成果の内容を実務者向けに分かり易く解説する説明会を開催する

1.日 時:2018 年 2 月 15 日(木) 13:00~16:45
2.場 所:すまい・るホール(東京都文京区後楽 1-4-10 住宅金融支援機構 1F)
3.主 催:国土交通省 国土技術政策総合研究所
4.内 容:設計・施工、住宅検査、材料・部材研究開発等に携わる実務者を主な対象 として、国総研資料に掲載されている木造住宅の雨水浸入や結露に伴う劣 化リスク、不具合事例、屋根・外壁・バルコニーの推奨仕様、維持保全方 法、住まい手との情報交換などについて分かり易く解説する。
5.参加費:無料 。 要事前登録。
6.参加登録: https://goo.gl/2Uoz65
問い合わせ先 国土技術政策総合研究所 建築研究部 構造基準研究室 室長 森田高市、主任研究官 宮村雅史(主担当)
Tel.029-864-4339  E-mail:miyamura-m92ta@mlit.go.jp Fax:029-864-6774



プログラム (担当者敬称略)

司会:井上照郷(NPO 法人 湿式仕上技術センター 事務局長)

12:00~ 開場

13:00~13:10 開会挨拶
福山洋(国土交通省 国土技術政策総合研究所 建築研究部長)

13:10~13:35 共同研究の全体概要
石川廣三(委員長、東海大学 名誉教授)

13:35~14:15 住まい手に向けた長持ち住宅実現のガイドライン
宮村雅史(国土交通省 国土技術政策総合研究所 主任研究官)

14:15~14:55 木造住宅の水分に起因する劣化リスクの分析と評価
齋藤宏昭(足利工業大学 教授)

14:55~15:10 休憩

15:10~15:50 屋根および外壁の設計・施工に起因するリスク・不具合と耐久性評価
梅田泰成(日本木造住宅産業協会 技術委員会委員)

15:50~16:30 木造住宅の屋根および外壁の設計・施工ガイドライン
輿石直幸(早稲田大学 教授)

16:30~16:45 総括
中島正夫(関東学院大学 教授)


国総研ガイドライン




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて