FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
45回 水コンペ 受賞作品展示会
テーマ「歴史の上に暮らす」
入賞作品を建築会館ギャラリー展示

コンペ学会展示

みずコンペ入賞作品展示 

第45回日新工業設計競技会の入賞作品が、2019年2月15日(金)まで、東京・田町の建築会館ギャラリーで展示されている。
展示時間
2019年2月12日(火)10:30~19:30
2019年2月13日(水)9:00~19:30
2019年2月14日(木)9:00~19:30
2019年2月15日(金)9:00~16:00

総合防水材料メーカの日新工業(相臺公豊社長)が主催する第45回日新業建築設計競技会は「歴史の上に暮らす」をテーマに昨年10月5日に締め切られ、381点の応募作品の中から、10作品が選ばれ、11月14日、東京・六本木の国際文化会館で、表彰式が行われた。

448 講評DSC05773


45年目となる今回の応募総数は1351。審査対象となった作品は352点。このうち海外からの応募作品は216点。ヨーロッパ、中東、アジアなど世界38か国から集まった。
1等はフランスのピカペール・ジャモ―組。2等は中国のシイアウ:イアルさん、3等は日本の入江慎さん。佳作8作品。当日は西沢立衛審査委員長から一人一人に賞状と賞金が手渡された。1等賞金は100万円。パーティーでは、審査員から一つ一つの作品に対して講評があった。
コンペ集合

1等作品
448 1等DSC05655

2等作品
2等DSC05658

3等作品
4483等DSC05660



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
「平成 30 年度 建築研究所 講演会」
外壁診断、鉄筋腐食、ドローンなど

T800建研講演会 ポスターA7R08177

国立研究開発法人建築研究所は、平成31年3月1日、東京・有楽町マリオンの有楽町朝日ホールで、「建築研究所講演会」を開催する。

建研は毎年3月に 「建築研究所講演会」を開催しており、今年度も、取り組んでいる研究活動を中心に、各分野における研究開発の最新 情報を紹介する。会場のホールロビーでは、研究成果等をポスター にして展示するとともに、研究者が直接説明するコアタイムを設けている。また特別講演として、早稲田大学名誉教授の尾島俊雄氏をが「Society 5.0とデジタルビルド・ジャパン」について講演する。

1. 開催概要 日 時: 平成31年3月1日(金)10:30~16:00(開場 10:00)
2. 会 場: 有楽町朝日ホール(東京・有楽町マリオン11 階)
事前登録不要(入場は先着順) 参加費: 無料


特別講演
早稲田大学名誉教授 尾島俊雄 「Society 5.0 とデジタルビルド・ジャパン」

一般講演
① 2018 年北海道胆振東部地震による建築物等の被害調査報告
材料研究グループ 上席研究員 槌本敬大
② 既存建築物の地震後継続使用のための耐震性評価技術の開発 ~熊本地震によるRC造建築物の被害を踏まえた検討~
構造研究グループ 主任研究員 向井智久
③ 水害リスクを踏まえた建築・敷地レベルの対策の評価
住宅・都市研究グループ 主席研究監 木内 望
④ BIM 確認申請の展開と課題
建築生産研究グループ 上席研究員 武藤正樹
建築分野におけるドローン技術の動向と展望 ~ドローン活用における安全教育と技術の高度化~
材料研究グループ 主任研究員 宮内博之
⑥ 自然換気システムの評価・設計法の開発
環境研究グループ 主任研究員 赤嶺嘉彦

パネル展示
① ブロック塀の地震被害調査および耐震診断基準 構造研究グループ:主任研究員 渡邊秀和
② 2018年北海道胆振東部地震による札幌市里塚地区の宅地被害:構造研究グループ 上席研究員 新井 洋
2018年台風21号による建築物等の被害:構造研究グループ グループ長 奥田泰雄
④ 日よけ効果係数算出ツールの開発と適用方法に関する検討:環境研究グループ 主任研究員 西澤繁毅
⑤ 設計実務者向け住宅用暖冷房負荷計算ツールの開発 環境研究グループ:主任研究員 三浦尚志
⑥ 欧州の中高層木造建築をめぐる防火技術開発の動向と課題:防火研究グループ 上席研究員 鍵屋浩司
⑦ 消防活動支援に関する技術的知見の収集を目的とした実測調査:防火研究グループ 研究員 野秋政希
鉄筋コンクリート造建築物における鉄筋腐食抑制技術に関する研究: 材料研究グループ 主任研究員 松沢晃一
定期報告制度における外壁調査の実施率向上のための診断技術:建築生産研究グループ 上席研究員 眞方山美穂
⑩ 勾配変化部を有する鋼製下地吊り天井の力学性能に関する実験:建築生産研究グループ 研究員 沖 佑典
⑪ 建築部材部品の形状確認における3次元計測技術の活用に関する研究:建築生産研究グループ 研究員 高林弘樹
⑫ 東京都総合設計制度によって生み出された公開空地の緑化状況調査:住宅・都市研究グループ 主任研究員 武田ゆうこ
⑬ 地域活性化に向けた医療福祉施設等導入の可能性に関する研究:住宅・都市研究グループ 研究員 今野彬徳
⑭ 中南米諸国に対する地震工学分野の国際貢献:国際地震工学センター 主任研究員 諏訪田晴彦
⑮ 国際地震工学研修の成果事例:国際地震工学センター 上席研究員 小豆畑達哉



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
日シ工 平成31年賀詞交歓会

管理士・技術管理士試験上位合格者表彰式も
日本シーリング材工業会

日シ工会長挨拶 O1290079

日本シーリング材工業会は1月29日、東京・新宿の京王プラザホテルで、平成31年賀詞交換会を開催した。

冒頭、大津功会長は「昨年の生産量は1~9月が前年比95%、10-12月が2500キロリットルと持ち直し、年間では88000キロリットルのほぼ前年並みとなった。我々の業界で足りないのは、作業員ではなく職人。今後も技能育成や施工が容易な材料・工法の開発に注力する」と挨拶した。ついで来賓の、経産省製造産業局住宅産業室・縄田俊之室長、早稲田大学・輿石直幸教授が祝辞を述べた。
この後、今年度シーリング管理士・技術管理士の上位合格者7名の表彰式が行われた。シーリング管理士の第1位合格者は須藤千鶴さん(マサル)、技術管理士の1位は小林幸恵さん(横浜ゴムMBジャパン)。今年も昨年に続いて、いずれも1位は女性であった。

会長から合格者に表彰状が手渡された後、日シ工連・苅谷純会長の発生で乾杯した。

goukakusha.jpg
左から管理士、技術管理士。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です




コルビジェ 展

ル・コルビジェ  上野で2月19日から
~絵画から建築へ~~ 

コルビジェ展PG9P8482
上野国立西洋美術館  2019年2月19日から5月19日まで。


リ協 2019新春情報交換会i
講演は東洋大・浦江真人教授
「建築業界の担い手確保、人材育成」

望月会長O1290057
NPO法人リニューアル技術開発協会は平成31年1月29日、東京都江東区の古石場文化センターで、平成31年新春情報交換会を開催した。写真は挨拶する望月重美会長。

ri講演会O1290070

プログラムは以下。
800プログラム 

浦江真人教授 O1290067
東洋大学理工学部建築学科浦江教授が、人材獲得競争の中で、いかに「建設業界の担い手を確保し、人材を育成するか」講演した。

800維持修繕工事の推移


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
平成31年KRK 講演会・新年会

建研・宮内氏がドローン技術で講演

KRK新年講演会宮内

KRK・合成高分子ルーフィング工業会は、平成31年1月25日、東京・神保町の学士会館 で、講演会及び平成31年新年会を開催した。
講師は国立研究開発法人建築研究所主任研究員の宮内 博之氏。演題は「建物点検へのドローン技術の活用」。
①建築分野におけるドローン技術を取り巻く環境、②建築分野でのドローンの活用と技術水準,③ドローンを活用した建築物の調査・診断、④防水分野におけるドローンへの期待などに関して、最新情報を紹介した。

800アンケート①

800アンケート③ (2)

800アンケート③ (1)

5

KRK藤本会長挨拶DSC08203
懇親会で挨拶する藤本庄三会長。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です









第5 回 REJA賞 表彰・記念講演
第5回REJA 賞 GINZA SIX にプロジェクト賞


REJA賞DSC06032
表彰状を受け取る、森ビル・河野 雄一郎氏(右)


REJA・日本不動産ジャーナリスト会議は、2019年1月24日(木)17時~18時日本記者クラブ会議室 (千代田区内幸町2-2-1。プレスセンタービル9階)で 、第5回日本不動産ジャーナリスト会議賞特別記念講演会、演題:「GINZA SIX」と森ビルの都市開発、を開催した。講師は森ビル常務執行役員 河野 雄一郎氏。
800銀座6
森ビルは「震災の際、逃げ出すのではなく逃げ込める街づくり」を指向しているという。当日、河野氏は、①逃げ込める街づくり、②時代の変化に適応しうる都市計画制度、③超高齢社会先進国としての取り組み,といったこれからの都市づくりの視点から、GINZA SIXプロジェクトの計画段階から、完成に至るまでの、実働部隊としての経験や、今後の運営に関する計画を語った。   


「REJA日本不動産ジャーナリスト会議」は、土地、住宅、都市問題に対する社会の関心と評価の高まりに的確に対応すべく、それらにかかわるジャーナリストたちが相互に研鑽して資質の向上を図り、オピニオンリーダー的な役割を担おうと、1989年9月に発足した職能集団。土地・住宅問題・都市問題に関心を持つ一般紙、専門紙、経済誌、住宅誌などの記者・編集者、評論家、ライターなど約50名が加入し、有識者・専門家を囲んでの研修会、視察会などを活発に行っている。
 URL:http://journalist.realestate-jp.com/

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です