FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 外壁目地防水の最先端技術でシンポ
「外壁目地防水 ~ 仕様規定から性能設計へ」
AIJシール材性能設計指針小委員会

AIJ 外壁目地シンポ 山田
日本建築学会材料施工委員会は、2018年12月3日(月)13:00~17:00、建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)で、建築物の長寿命化における外壁シーリング目地の重要性と、長寿命のための設計、施工、維持管理、余寿命診断などの最新技術を報告するシンポジウムを開催した。参加登録者120名、関係者を含めて140名が参加した。

テキスト

冒頭、シンポジウムを主催した、日本建築学会材料施工委員会防水工事運営委員会シール材性能設計指針準備小委員会・山田人司主査が、同シンポを企画した背景、狙いなどを次のように説明した。
山田主査

「建築物の長寿命化は実現するためには接合部においても目地設計から材料選定、施工、維持管理までの建物のライフサイクル全般で的確な対応が必要となる。外壁接合部を構成するシーリング目地の長寿命化には、シーリング材の適切な性能評価とその評価に基づく性能設計の適用が欠かせない。2009年にシール材性能設計研究小委員会が設置され2012年「外壁接合部の目地防水における性能設計に向けて」シンポジウムでその成果が公表された。
600.jpg

今回のシンポジウムでは、、外壁目地防水の性能設計の確立を目指して活動してきたと小委員会の成果である「シーリング材を使用した目地防水における性能設計指針(原案)」や評価方法に関する提案など、さらにはドローン活用技術、改修工事、余寿命予測などの最新技術も報告される。」


また当日は、建築物の長寿命化とそのための診断・維持管理の社会的な動向を概観するために、2テーマの基調講演が行われた。

藤本
基調講演1 「建築市場の動向と長期使用時代の建築保全のあり方」(藤本秀一:国土技術政策総合研究所)

国総研住宅研究部住宅計画研究室長の藤本室長が、データを示しながら地方公共団体の実情や公営住宅ストックの維持管理の実態を報告。公営住宅ストックのの長寿命化等、戦略的なストックマネジメントのあり方を展望した。また公営住宅の法定耐用年数は60年であるが、この時点で、壊していくことにはならないだろう。特に強度が残っているRC造に関しては、中性化対策として防水を施したうえで、水と空気を遮断し、建物の延命化を図ることになるだろう。 その意味で「 防水を制する者は保全を制する。といってよいだろう」 と締めくくった。

伊東
基調講演2 「顧客から見た性能設計・施工・保全への提言」(伊東昭博:伊東外装計画事務所)。
森ビル入社後、外壁箱改修工事を20年間、その後新築ビルの外装を20年間担当してきた伊東昭博氏が、落下事故や汚染などの経験を通して、①材料が良くとも納まり、施工が悪いと性能は出ない、②施工条件を確保しないと良好なシールは打てない、③打ち換えを前提に納まりを検討すべき、④納まり図面の保管、⑤打ち返しないほうが良い場合、⑥シーリング材を使用しない工夫・・・など、「嫌がられることを承知で話します」と、多くの具体例を示しながら報告した。



委員会報告は以下の通りーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
委員会報告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です



「メンブレン防水」ってどんな防水?
ルーファー必携の手引きと、面白い質問
初めて学ぶ もう一度学ぶ 金属の屋根と外壁

金属の屋根と外壁

一般社団法人日本金属屋根協会 は同技術委員会が昨年作成したLLM「初めて学ぶ もう一度学ぶ 金属の屋根と外壁」とテキストに講習会を行ってきた。このほど、その際寄せられた質問と回答67件を報告した。その中に防水や雨仕舞に関するものがあったので紹介する。

2_20181202225702638.png
1_20181202225701b98.png
3_201812022257031c2.png

おもしろいのは何といってもBー3だろう。
「メンブレン防水という名称は聞いたことがないが、以前からあった工法か?」というもの。確かに防水関係者にとっては当たり前の言葉だが、「メンブレン」 という言葉は、日常生活で聴いたり目にすることはない、なじみのない言葉だ。この質問がとても新鮮だった。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
ダンパーの赤備え
風の揺れを抑える世界初のダンパー
赤ぞなえの
制振ダンパー疑惑騒ぎは、ゴーン逮捕の激震で、すっかり隠れてしまった。
新宿西口広場広場で開催された土木コレクション 2018に、代々木体育館の工事中の写真が展示されている。設計者の丹下健三は「非常に重要な要素だから赤く塗りなさい」といったそうだ。

代々木体育館

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

ビッグイシュー 347 11月15日号 
特集は「ダムを撤去した人たち」
hyoushi_201811260142039f3.jpg
ルーフネットのおすすめ雑誌「ビッグイシュー」347号の
トップインタビューは北尾トロさん。
スペシャルインタビューはエルビス・コステロ


12月2日は、渋谷で15周年記念イベント 
15周年イベント とことん語ろう「ベーシックインカム 」



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
東京 橋と土木展
土木コレクション 2018
土木カフェも5日間

東京橋と土木展

東京都建設局は2018年11月20日から23日まで新宿西口広場イベントコーナで、「昭和の橋~東京 橋と土木展」が開催されている。土木コレクション2018も同時開催。戦前に架けられた14橋の青焼き図面や、41橋の当時の写真が展示されている。



会場
土木カフェ初日は「現在の日本橋周辺の景観を愛でる」。18時からトークショーが始まった。

土木カフェ

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
AIJシンポ 「長寿命化建築を目指した外壁目地防水の最先端技術」
12月3日(月) テーマは
-高信頼と適正寿命を実現するための性能設計・施工・診断・維持管理-

DSC05654.jpg
写真は本文とは関係がありません


日本建築学会材料施工委員会は、建築物の長寿命化における外壁シーリング目地の重要性と、長寿命のための設計、施工、維持管理、余寿命診断などの最新技術を報告するシンポジウムを開催する。
・日時:2018年12月3日(月)13:00~17:00
・会場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
・建築CPD情報提供制度認定単位:4単位
・参加費:会員 3,000 円、会員外 4,000 円、学生 2,000 円



建築物の長寿命化は実現するためには接合部においても目地設計から材料選定、施 工、維持管理までの建物のライフサイクル全般で的確な対応が必要となる。
外壁接合部を構成するシーリング目地の長寿命化には、シーリング材の適切な性能評価とその評価に 基づく性能設計の適用が欠かせない。2009年にシール材性能設計研究小委員会が設置され2012年「外壁接合部の目地防水における性能設計 に向けて」シンポジウムでその成果が公表さらた。
今回のシンポジウムでは、基調講演として「建築市場の動向と長期使用時代の建築保全のあり方」(藤本秀一:国土技術政策総合研究所)と「顧客から見た性能設計・施工・保全への提言」(伊東昭博:伊東外装計画事務所)、小委員会の成果である「シーリング材を使用した目地防水における性能設計指針(原案)」や評価方法に関する提案など、さらにはドローン活用技術、改修工事、余寿命予測などの最新技 術も報告される。

シンポジウムの詳細は
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2018/181203_a550.pdf

600プログラム)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
第45回日新工業設計コンペ表彰式
1等はフランスのピカペール・ジャモ―組
テーマは「歴史の上に暮らす」

4481等
ノエル・ピカぺールさんとマリオン・ジャモ―さん
448表彰式
表彰式会場。 審査員5名は今回一新され、委員長を務めるのは西沢立衛氏。

2018年11月14日、総合防水材料メーカの日新工業は東京・六本木の国際文化会館で、第45回日新工業設計競技会の表彰式を開催した。45年目となる今回の応募総数は1351。審査対象となった作品は352点。このうち海外からの応募作品は216点。 ヨーロッパ、中東、アジアなど世界38か国から集まった。
挨拶に立った主催者の相臺公豊日新工業社長は「入選11点のうち日本人作品は2点。45年の歴史で初めてだ。コンペに入賞された方は、国に戻り、さらに世界的に活躍されることを祈ります」と述べた。
2等は中国のシイアウ:イアルさん、3等は日本の入江慎さん。佳作8作品。西沢立衛審査委員長から一人一人に賞状と賞金が手渡された。1等賞金は100万円。

表彰式の後の懇親会では、恒例の作品鑑賞会が行われ、作者による説明、審査員が一つ一つの作品にコメントした。(詳細は次回)。


800一等作品DSC05655
1等作品。History as a playful natsure




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です