(旧 「防水屋台村」建設中)
災害復興法学のすすめ 
防災を真に自分事にする人材育成プログラム
岡本弁護士が REJA第169回研修会で講演

okamoto 講師 REJA R0230052
地震・津波・洪水・土砂崩れ…。突然襲ってくる災害から、命からがら逃げた。でも気が付けば、家も家族も無くしていた。水と食料と毛布も確保できた。災害から72時間後、とにもかくにも生き延びた後、何に困り何が必要なのか?

①家がなくなり貯金もない。当面の生活費はどうする。②トラクターや家のローンが残ってている③大黒柱が亡くなった。子供の学費はどうしよう④通帳・カード・保険証がない。家の権利書も家ごと流された。⑤自分の家が隣の家や車を壊した…。メディアで報じられない、これら被災者の悩みは、1.罹災証明、2.被災者生活再建支援制度、3.災害弔慰金などに関する情報の事前提供で、大幅に軽減される。

岡本正弁護士36歳は、平成29年7月19日、東京・内幸町のプレスセンタービルで開催された、REJA不動産ジャーナリスト会議第169回研修会で、「防災を真に自分事にする人材育成プログラム」について講演、防災教育の中にこれら生活再建の法律知識習得を組み込むことを、力説した。


災害復興法学 R0230056
1979年生まれの弁護士岡本正氏は内閣府上席政策調査員として出向中に東日本大震災が発生した。翌月2011年4月から日弁連災害対策本部食卓室長を兼務し、4万件の無料法律相談データベース化を提言、現地でのヒアリング、入力から責任者としての取りまとめ、分析し、その成果は早々に法改正や新制度の構築に結実した。さらに震災後3年間の取り組みをまとめ、法学と政策学を融合した「災害復興法学」を大学に創設、同名の著書も発行した。そして「災害復興法学」を防災教育の中に取り入れるべきであると提言する。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
44回「水コンペ」テーマはBridging/つなぐ建築
作品提出期間は8月21日(月)~2017年10月6日(金)
1等賞金100万円

審査員DSC09994

総合防水材料メーカーである日新工業株式会社が主催する日新工業建築設計競技(通称・)水コンペ)が応募登録受付中だ。1等賞金は100万円。入賞者は11月の表彰式・パーティーの席で各審査員から講評を受ける。

概要

課題解説「Bridging / つなぐ建築」
ブリッジングには、「異なる場所の間に橋を架け、つなぐこと」という意味があります。
川の上に橋が架かると、そこには人やものの行き来が生まれます。近年では、異なるネットワーク同士をつなげて構築することを、ブリッジングといったりもします。
つまり、ブリッジ=つなぐことで、それまでなかったことが起こるようになるのです。ブリッジングは、ギャップや断絶を越えて、異なる性質のものとつながることができる概念です。
では、建築がブリッジングの役割を果たせるとしたら、どのようなあり方があるのでしょうか。建築は、何と何をつなぐことができるのでしょうか。つなぐことから建築を考えてみてください。


審査委員
【委員長】六鹿 正治(日本設計取締役会長)
【委 員】北山  恒(法政大学教授、architecture WORKSHOP主宰)
山梨 知彦(日建設計常務執行役員 設計部門副統括)
乾 久美子(横浜国立大学大学院Y-GSA教授、乾久美子建築設計事務所主宰)
長谷川 豪(ハーバード大学デザイン大学院(GSD)客員教授、長谷川豪建築設計事務所代表)
相臺 公豊(日新工業代表取締役社長)

賞金
◎1等  1点 100万円
◎2等  1点 50万円
◎3等  1点 30万円
◎佳作 8点 各10万円

■応募登録期間
2017年4月3日(月)~2017年10月2日(月)
■作品提出期間
2017年8月21日(月)~2017年10月6日(金)必着
審査の結果は入賞者に通知するとともに、『新建築』2018年1月号で発表
応募登録:http://kenchiku.co.jp/compe/cmp20170328-1.html

審査委員各氏からのコメント

六鹿正治:Bridgingとは、間に何かが存在して離れている2点間をつなぐことです。あたかも橋を架けるようにギャップを越えて線的につなぐことが原義です。歯のブリッジ、ヒートプリッジ、ブリッジ回路、ギターのブリッジも原義からの派生です。建築は空間をつなぎ、時間をつなぎ、そして人びとをつなぐことで、豊かな環境を形成するきっかけでありたいものです。

北山 恒 :現代は社会が分断されていくような危機を感じます。だからこそ、「つなぐ建築」というタイトルに重要な意味があります。建築は壁をつくり、概念のまとまりとしての空間をつくります。この切り取られた空間のなかで人びとは分断されています。建築は社会に対する思想を帯同しています。そこで「つなぐ建築」という思想をもつ建築を探求してください。

山梨知彦 :Bridgingという行為は、既に分節されているふたつのものをひとつにつなぐ作業に捉えられがちである。しかし、つなぐと同時に、その両端を新たなエレメントに分節し、さらには橋という新たなエレメントをも生み出すという、統合の中に分節を内包した極めてユニークな建築的行為とも捉え得る。「つなぐ」というキーワードを建築的に膨らませた提案を期待している。

乾久美子 :アメリカに留学してはじめてのスタジオの課題が「Bridge Project」でした。架空の設定の中でつなぐということの意味を考えたわけですが、それから20数年後の今、つなぐことの意味はどのように変化しているのか、あるいは全くかわっていないのか、結果を楽しみにしています。

長谷川豪 :最近よく耳にするつながりという言葉はたいてい「良い話」に使われます。でも実際にはつながってしまう窮屈さや鬱陶しさもあるはずです。Bridgingには既成の境界やカテゴリーを超えて、さまざまな物や事を結びつけてしまうダイナミズムがある。ドライで、ときには暴力的でさえあるかもしれない。「良い話」で終わらない提案をしてください。

相臺公豊 :日本語の「つなぐ」とは、「綱」が動詞化して生まれた言葉とされています。儒教の世界には、臣下の王に対する忠、子の親に対する孝、妻の夫に対する烈を以って「三綱」という言葉があります。つまり忠・孝・烈が2者を精神的につないでいるとされました。現代の社会や建築における「綱」とはどのようなものでしょうか?




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
JWMA 日本防水材料連合会 第7回定時総会
4部会(アス・シート・ウレタン・FRP)設置を決定
一本化に向けて5団体の事業を順次移行

JWMA会長挨拶

JWMA日本防水材料連合会は平成29年6月28日、東京・市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で、第7回定時総会を開催し、4部会(アス・シート・ウレタン・FRP)設置を決定し、一本化に向けて5団体の事業を順次移行することをきめた。

 日本防水材料連合会(JWMA) http://www.jwma.net/about.html   は防水材料メーカー団体である「アスファルトルーフィング工業会」、 「合成高分子ルーフィング工業会」、「日本ウレタン建材工業会」、「トーチ工法ルーフィング工業会」、 「FRP防水材工業会」の5つの工業会の上部組織として平成18年4月1日に設立された。
 当初、各団体の事業内容の差異もあり、事業の一本化は進まなかったが、活動をより充実すべく、平成26年度からは上記5団体に所属する会員が企業会員(正会員・現在40社)とし、直接JWMAに入会し、5団体を団体会員とする新組織となった。
とはいっても、団体によっては総論賛成であっても、役員構成や各団体の資金的支援の関係などから、工法別の垣根は高く、事業の一本化という目標は思惑通りは進んでいないのが現状だった。
 そうした状況の中で「昨年、特別プロジェクトを組み、業界が一本化するための会合を8回ほど重ねた(猪野瀬正明会長)。」その結果、プロジェクトは「JWMA組織の中に4つの部会(アスファルト防水部会、合成高分子系シート防水部会、ウレタン塗膜防水部会、FRP防水部会)を設ける。その部会に正会員が参加するという形をとり、これまで5団体で行っていた事業を各部会に移行していく」という案を策定し総会に提示した。

 総会を終え、来賓を交えた懇親会の席で挨拶に立った猪野瀬正明会長は次のように述べた。

「4部会の設置と一本化に向けて5団体の事業を順次移行するという、案は、今回の総会にて過半数、約2/3の賛成を得て、承認された。今後は一本化の方向に向かう。実際の作業については来年度からとなっており、それまで時間、各会員から意見や要望などを聞きながら一本化に向けた作業を進めていきたい。 各団体は長い歴史もあり、実際に様々な活動を継続中である。準備期間等の問題で多少の時期のズレがあることは予想される。各部会が一斉に動き出すということは難しいだろうが、近い将来において各部会が正式に動き出すと思っている。
 
 今後の日本は少子高齢化がさらに深刻さを増してゆく。また、防水工事の市場も改修の時代へと突入してきた。こうした需要の構造変化に対して当会では各会員の社員教育に対して力を入れていかなければならないし、技能員の不足も加速していく中での対応も不可欠だ。この問題については防水施工専門工事業団体である全国防水工事業協会とも連携を取りながら進めてゆく。一方で現場における作業環境の問題も大変に大きい。こうした諸問題を一つひとつ解決していくためにも、当会が一本化して事業を進めていかなければならないという信念のもとに決定した。業界の問題については5年、10年、15年先という将来に向けて考えながら様々な手を打っていかなければならない。これからは若い人たちの時代。当会も若い力で業界が良い方向へ向かい、確かな地位を築けるように支えていくとともに、様々な問題に対して一生懸命取り組んで参りたい。」

この後、来賓の経済産業省製造産業局生活製品課住宅産業室課長補佐・佐野徹氏、東京工業大学名誉教授・田中享二氏の祝辞、全国防水工事業協会会長・髙山宏会長の発声で乾杯した。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



ロンシール工業人事 
2017年6月29日 

新社長に大村朗氏。

30ロンシール人事

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


 建築現場で働く 女性職人の会
茅葺き職人が呼びかけ


30女性職人の会 (1)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
平成29年漏刻祭
漏水が時を制する
毎年6月10日は漏刻祭

漏刻祭P4300187

漏刻祭タオルと次第 

漏刻祭タオルP6110025 (1)

6月10日は時の記念日。この日は屋根や防水と、実はとても深い繋がりがあるのです。時の記念日が制定されたのは大正9年(1920年)です。なぜこの日が時の記念日なのか。
またまた天智天皇の登場です。天智天皇は日本で最初に時報を打たせた人でもあります。

境内に復刻された漏刻の模型 
この時計は水時計で「漏刻」といいます。近江神宮境内に復刻された漏刻の模型。

その天智天皇を祭神として祀る滋賀県大津市の近江神宮では、毎年6月10日天智天皇を時の祖神として崇敬する時計関係者が中心となり、漏刻祭が斎行されています。境内の「時計館宝物館」では、和時計をはじめ各種の古時計などを展示しています。日本和時計学会や日本暦学会の事務局も神宮内に置かれています。また境内に設置された漏刻(水時計)や日時計は、オメガ社、ロレックス社からの献納によるものです。

その日本最古の時計の動力となる水。この水を「漏水」といいます。

近江神宮の資料によると、漏刻を管理するのは陰陽寮という役所で、漏刻博士が20人もの部下を統括して、クリーンに管理していたそうです。近代防水のルーファーは1000年以上の歴史を持つ勾配屋根の雨仕舞とは違った、水を厳密にコントロールする「制水」という意識が求められます。勾配屋根では、水といわば「仲良く」付き合うのに対し、近代以降のメンブレン防水はある意味で「力ずく」のコントロールが求められる、とも言えます。屋上利用や近代的ビルの蓄熱槽の防水に係わる防水技能者は、陰陽寮のスタッフ漏刻之介といったところです。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第44回 日本アス・日新防水技術者養成校修了式
全国から19名が11日間 防水合宿

日新卒業式 工材社 代表
研修生を代表して謝辞を述べる川本大輔さん(工材社)。


第44回日本アス・日新防水技術者養成校の修了式が6月16日、日新工業本社会議室で開催され、全国から集まった19名が11日間の厳しい 防水合宿を終え、養成校校長である日新工業相臺公豊社長から修了証書が手渡された。

この養成校は、全国の日本アスファルト防水工業協組組合員から入社経験年数の少ない社員が集まり、2週間弱ににわたって寝食を共にして合宿しながら、防水の基礎を、実地・理論・営業など多方面から学ぶというもの。今回は組員から、入社年半年から6年までの16名と、メーカーである日新工業から入社1年の3名の担当者が参加した。

講義のテーマは、防水の市場動向や、防水概論から始まり、各種防水の特徴、管理方法、調査・診断、コンクリートや下地水分、安全管理などで、メーカーの技術・営業担当だけでなく、防水の研究者やゼネコン技術者などトップクラスの講師がレベルの髙い講義を行う。講義の間には実技やディスカッションも頻繁に行われ、全国から集まった入所生は11日間寝食を共にし、文字通り「防水づけ」になる。
修了式では、日本アス協組関東支部の小鳥英樹支部長が、「将来の業界をけん引する逸材となってほしい」、また校長である日新工業相臺公豊社長は、「ここで学んだのは防水の基礎。社に戻りさらに研鑽を深め、ここで得たかけがえのない仲間と共に業界で活躍してほしい」と励ましの言葉を贈り、一人一人に終了証書を手渡した。

yoko448日新卒業式 
第44回防水学校の参加者19名。19歳から44歳まで、平均年齢は27.1歳。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会