FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
度既存建築物省エネ化推進事業の第2回提案募集
~令和元年度既存建築物省エネ化推進事業の第2回提案募集~

省エネ改修支援のイメージ


国交省住宅住宅生産課は令和元年7月16日、「建築物の省エネ改修工事」の提案募集を開始した。
また、8月5日より全国2会場で、事業者向け説明会「住宅・建築物 省エネ・省CO2関連支援事業説明会」を無料で開催する。

1) 主な事業要件
① 躯体(外皮)の省エネ改修工事を行うもの
② 建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して、20%以上の省エネ効果が 見込まれる改修工事を行うもの(ただし躯体(外皮)の改修面積割合が20%を超える場合は、15%以上の省エネ効果とする)
③ 改修後の建築物の省エネルギー性能を表示するもの
④ 改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たすもの
⑤ エネルギー使用量の実態を把握する計測を行い、継続的なエネルギー管理、省エネルギー活動に取り組むもの
⑥ 事例集等の作成に対し、情報提供に協力すること
⑦ 省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の合計が500万円以上のもの
⑧ 改修後に耐震性を有すること
など

2) 補助対象費用 ① 省エネ改修工事に要する費用 ② エネルギー使用量の計測等に要する費用 ③ バリアフリー改修工事に要する費用(省エネ改修工事と併せて行う場合に限る) ④ 省エネルギー性能の表示に要する費用

3) 補助率・補助限度額 補 助 率:補助対象費用の1/3 補助限度額:5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで) ※バリアフリー改修を行う場合は、当該改修に係る補助額として2,500万円 または省エネ改修にかかる補助額を限度に加算

4) 応募期間 令和元年7月16日(火)~令和元年8月28日(水)

詳細は、H P:http://hyoka-jimu.jp/kaishu/

600 説明会 


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
JIA 2019年優秀卒論・修論
2019年 日本建築学会 優秀卒業論文賞・優秀修士論文賞(敬称略)

sotsuronn



屋根・防水・雨仕舞関係では以下の2件。


学部
屋根置き型太陽光発電システムの風荷重評価と屋根葺き材の風荷重低減効果
山家 哲生 (東北大学)

修士
建築材料用ウレタン塗膜における光劣化メカニズムのマルチスケール解析-劣化 に伴う材料内部モルフォロジー変化の起源及び塗膜物性への影響-
石田 崇人 (東京大学)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
武蔵野市が7/13(土)「水の学校」
特別講座「武蔵野の未来の水のめぐりを考える」
~自然の機能を活かすグリーンインフラってなんだろう?~

水の学校


水とみどりに関わるインフラはどうなっているのか、自然の機能を活かした「グリーンインフラ」という考え方がこれからのまちづくりと私たちのくらし方にどのように関わってくるのか、内外の事例紹介を交えてわかりやすく解説される。
講座の後半は、東京農業大学の福岡孝則氏、NPO法人雨水市民の会の笹川みちる氏、武蔵野市環境部長木村浩の三者で対談を行う。
事前申し込み不要。

日時:2019年7月13日(土)13:30~16:30(開場13:00)
会場:武蔵野クリーンセンター管理棟見学者ホール
定員:90名(当日先着順)
講 師:福岡 孝則 氏(東京農業大学地域環境科学部造園科学科 ランドスケープデザイン研究室准教授) ほか



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です。


屋根を遊ぶ
ルーフネットのテーマソング
「ノアの方舟の音楽」

タイトル t

3分間のミュージックビデヲはこちら ↓

https://youtu.be/680A9gMC3RU?fbclid=IwAR3M1j6stjxXJxye-UOH2-Qmpe03LzI1mOJhxEktY9dTgrUOwnUcr8yfkEk

月のフェイズ(新月・、上弦・満月・下弦)に合わせて、・配信するほぼ週刊ウェブマガジンルーフネットのテーマは「屋根なを遊ぶ」。
リコーダー奏者で中世音楽研究者の菅沼起一さんが、第11回 Enjoy Roof コンサートで演奏した、ノアの方舟を題材にした聖歌を、会場で即興演奏。 翌月のコンサートでリコーダーとオルガネットýぴにアレンジした演奏を、ライブ映像と合わせて、仮編集したものです。R&R建築再生展でのライブより、一部を仮編集したもの。


アスファルトは、「ノアの方舟(浮かぶ家)の屋根と壁の防水に利用された」
dore.jpg

ノアの方舟の大きさに関して、旧約聖書『創世記』は「長さ300アンマ、幅50 アンマ、高さ30アンマ」という。1アンマを約44.5cmで換算すると、およそ「長133.5m、幅22.2m、高13.3m」となる。
素材はゴフェルの木。方舟には1階と2階と3階を造り、小部屋を幾つも造り、内側にも外側にもアスファルトを塗る。明かりとりの位置は上から1アンマ。側面には戸口を造る。

聖書に書かれているのは、これだけ。古来ノアの方舟の画は、石油タンカー型から、3階建てアパート型まで様々なものが描かれている。(ROOF-NET「聖書と防水」参照)旧約聖書創世記には、「方舟の内側外側に、瀝青を塗りなさい」とある。
方舟の目的は40日の洪水の後、150日間水が引くまで、のちの世界の「種」となる生き物たちを生存させる大空間を提供することである。舟とはいっても、水上航行ではなく水面浮揚が主目的である。ただ浮くだけとはいえ多少の方向転換は必要だから、タライや弁当箱型という訳にはいかないだろう。ウィキペディアは、形状について、多くのカップルの生活空間を確保するため、舟は直方体に近い形状であった。また総容積は、40,000立方メートル近くにも達し、ほぼタイタニック号にも匹敵する排水量になる、と試算している。

今まで、「舟」に注目しすぎて、防水は舟底に施した、と思いこんでいたのではないか? 外側とは喫水、船体だけでなく、当然 壁、屋根が含まれておかしくない。何しろ神は40日40夜雨を降らせて洪水を起こしたのだ。神の命令で3階建ての大きな建物をつくり、内外側に塗るよう命令されているのだから、屋根壁に塗らないほうが不思議だ。
すると、防水材としてのアスファルトは「ノアの方舟の船体に利用された」ではなく、「ノアの方舟(浮かぶ家)の屋根と壁の防水に利用された」と言ってよい。

すなわち屋根壁の防水の起源はBC3000年のノアの方舟ということになる。
世界最古の叙事詩「ギルガメッシュ」に、旧約聖書のノアの洪水の原型が見られる。

ノアの洪水伝説に似た話は、古代中近東には多いそうだ。日本聖書協会発行の大型本・パノラマバイブルにはそんな事例が書かれている。中でも有名なのは古代アッシリアの遺跡から発見された「ギルガメッシュ叙事詩」。この中で、神・ウトナピシュテムは瀝青で舟を防水するよう命じている。

古代アッシリアの叙事詩に登場するアスファルト防水と溶解釜
「1万リットルのアスファルトを溶かし、方舟に塗れ」と知恵の神エアは命じている。
命じられたウトナピシュテムは「私は3シャル(1シャルは3,600リットル)の瀝青を溶炉に注ぎ、3シャルのアスファルトで方舟を張り巡らした。」と英雄ギルガメシュに答えている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
東京都匠フェア2019
 防水、瓦、左官、板金、塗装なども出展

448ものずくり匠の技


日時   :2019年7月25日(木)・26日(金)・27日(土)
        10時~18時 ※初日は9:30開場 ※最終日は17時まで
公 式 HP : https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/
主催 : 東京都

昨年の様子
昨年の様子


各地から日本のものづくりの伝統を継ぐ約70団体が集結。“衣”“食”“住”“工”“伝統工芸”のゾーンに分かれた「メイン会場」と、「全国ブース」で匠の技術の実演や逸品の展示紹介、工芸品づくり等が体験できる。
【住】の分野では、表具、塗膜防水、椅子張り、寝具、瓦葺き、和楽器、板金、塗装、タイル、印章、建具、建築大工、畳、左官、石工、造園、内装、木工塗装、全技連マイスターが出展。
防水関係では、東京都の委託を受け昭和52年度より防水工事施工職種の技能検定実技試験を実施し、下部組織である「東京都塗膜防水技能士会」が講習会を行い優秀な防水施工技能士を育てている東京都塗膜防水技能検定協議会などが参加する。


出展者



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY防水と雨仕舞の歴史館 2
24 R&R建築再生展 ルーフネットブース
「防水と雨仕舞の歴史館」展示 その2 


●匠P6130051
〇ITCP6110120
〇haidari daihyou P6120180
〇asubesuto本橋P6110109
〇448 kayabukiyaneno 地方性(中塚)P6120177
〇瀝油P6110132
〇日石記念誌P6110133
〇小堀下 P6110129
〇左官ダンスP6110100
〇茅文協P6110086
〇永井 P6120176
〇右半分P6110080
●田中匠P6130073

〇Tshatsu P6110118
〇チラシP6110115
〇waraP6110122
〇448 dhisupurei 周辺P6110130

●匠P6130053





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
JRCリベットルーフ防水教祖平成30年度通常総会
30年度施工実績は前年比99・9%の386万㎡。
髙山理事長を再選

JRC総会髙山理事長 O5290012

アーキヤマデ(山出敬太郎社長)が製造する塩ビシート防水「リベットルーフ」の責任施工団体である日本リベットルーフ防水工事業協組(髙山宏理事長・写真上)は、5月29日京都市下京区のホテルグランビア京都で、平成30年度通常総会を開催した。


挨拶に立った髙山理事長は「昨年度の実績は386万㎡で、念願の400万㎡には届かなかった。400万という数字は、過去に達成したこともあり、不可能な目標ではない。令和最初のこの年、是非とも達成しよう」と述べた。 議事は友長副会長が議長席に着いて進行、「施工品質・生産性向上に対応できる新技術の開発、技能員育成講座、社員研修の積極的な開催」 などからなる新年度事業計画を決定した。
また役員改選では髙山理事長を再選した。
http://www.rivetroof.jp/about/history/
組合員数は184。

山出社長O5290035
代表取締役社長(生産本部兼技術開発本部長)山出 敬太郎
最優秀賞は高山工業、優秀賞はベルテック、他優秀賞7社、殊勲賞3社、敢闘賞11社などに感謝状を手渡した。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です