FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2019年水コンペ 1等は上野純  さん   ①
テーマ「自然の上に暮らす」に298点の応募

主催者挨拶 
主催者として挨拶する日新工業・相臺志浩社長

総合防水メーカーである日新工業㈱が主催する「第46回日新工業建築設計競技(通称・水コンペ)」は「自然のうえに暮らす Living upon the NATURE」をテーマに、2019年10月1日に締め切られ、応募登録1,098件、中国、韓国をはじめとするアジア圏、イタリア、スペイン、アメリカなどの北米・ヨーロッパ圏、アルゼンチン、ブラジルなどの南米圏など、世界33の国と地域から298点の応募作品が寄せられた。

表彰式は11月20日、東京都千代田区丸の内のパレスホテル4F 芙蓉の間で行われ、一等 上野純氏(東京理科大学大学院)、二等 ZHANG KE ジャン コ 氏( Arizona State University・中国)、 三等 JUAN CARLOS EUGENE SOLER ファン カルロス ユージン ソレル氏(Atelier Soler: Building and Spatial Design・オーストラリア)ほか佳作8作品、14名に、 西沢立衛委員長から賞状と賞金が手渡された。

授与  
一等の上野さん。

一等 上野純氏 作品
一等作品

入賞者
入賞者


今回のテーマ
LIVING upon the NATURE 自然のうえに暮らす

ポスターBRN3C2AF425D8EC_001027

審査員(敬称略)
審査委員長
西沢 立衛
Ryue Nishizawa

審査員
平田 晃久
Akihisa Hirata

審査員
吉村 靖孝
Yasutaka Yoshimura

審査員
羽鳥 達也
Tatsuya Hatori

審査員
藤村 龍至
Ryuji Fujimura

審査員
相臺 志浩
Yukihiro Sohdai


今回の課題文:
たとえば「人新世」という言葉。
二酸化炭素の大量排出、大規模な開拓など、人類の活動が地球環境に多大な影響を及ぼすことで生まれる新しい地層のことで、完新世の後の地層年代として提唱されています。
地球は人類の影響を受けやすく、このような不安定な地球で、われわれはどのように暮らせばよいのでしょうか。

ランドルフ・T・へスター氏の書籍『エコロジカル・デモクラシー ―参加型社会と生態的多様性をつなぐデザイン』(鹿島出版会、2018年)では、エコロジーとデモクラシーを同時に捉えることで、自然と人間の営みの関係を考えさせます。

地球温暖化、ゲリラ豪雨、爆弾台風など、気象の変化と共に暮らすことも考慮しなければなりません。

そこで、今回のテーマを「自然のうえに暮らす」としました。
身の回りの問題でも差し支えありません。
もう一度、自然とは何であるか、暮らしとは何であるかを考えてください。
みなさんの提案をお待ちしています。




記念写真
審査員と入賞者の記念撮影

問答
恒例、審査員によるパーティーでの愛情あふれる質問攻め。

問答2



:続く




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
2019年度KRK研修会
東京会場は2019年11月14日  
共仕・UR・台風被害などテーマに研修

KRKR0000341.jpg


シート防水のメーカー団体であるKRK・合成高分子ルーフイング工業会は、2019年111月14日(木) 13時30分~17時00分、
東京・神田のエッサム神田ホール2号館4階 大会議室(401) で、2019年度KRK研修会を開催、130名が参加した。

 テーマは次の通り。

    1.公共建築工事標準仕様書、改修仕様書平成31年版について
    2.UR都市機構の塩ビ系シート試験施工報告
    3.台風21号被害調査報告
    4.KRK50周年記念誌について
    5.賛助会員の製品紹介
      ・㈱山装:飛散防止改修ストレーナーと脱気筒の紹介
     ・㈱ベルテック:設備用鋼製基礎ベルベースの紹介
     ・タキロンマテックス㈱:マンション大規模改修工事の共用部床改修仕様の現状について





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
近代化を支えたアスファルト
2019年 11月9日 7:30PM NHKブラタモリで 放映 
豊川油田でとれる天然アスファルトが日本の近代化を支えた!?

ブラタモリ



ブラタモリ第147回「秋田~掘れば出てくる“秋田の魅力”とは!?~」
11月9日土曜 、NHK総合 午後7時30分~ 午後8時15分
(再放送 毎週火曜 午後11時50分)

人気番組「ブラタモリ」。 NHKによると、同番組は ~街歩きの達人・タモリさんが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る「ブラタモリ」。話題の出来事や街に残された様々な痕跡に出会いながら、街の新たな魅力や歴史・文化などを再発見します。~ というもの。

防水関係者必見。11月9日、16日の2回にわたってたっぷり秋田県の魅力を探る第1回目。9日は「掘れば出てくる“秋田の魅力”とは?」と題し、秋田の地下資源に注目して探る、のがテーマ。比内鶏やきりたんぽ、いぶり大根などの食や、地下カルデラ、温泉などの話題とともに、アスファルトと豊川油田の話が、番組後半に放送される予定だ。

▽「日本のテキサス」豊川油田でとれる天然アスファルトが日本の近代化を支えた!?
というもので、秋田大学大学院教育学研究科(火山地質学9の林信太郎教授、と「豊川油田の歴史を考える会」顧問で天然アスファルトの歴史に詳しい佐々木榮一氏(技術士:応用理学)がタモリと林田アナウンサーを案内する。

番組では、縄文人のアスファルト利用、天然アスファルトの露頭、土瀝青採掘地跡、豊川油田の油井、踊り木の映像、石油がどうしてできるか、最古のアスファルト舗装、などが紹介されるはずだ。

本サイト「ルーフネット」10月27日付けの記事「 豊川油田展示室~土瀝青・油田の歴史~」 ご参照下さい。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
REJA日本不動産ジャーナリスト会議30周年
30周年記念誌と記念講演

REJA30周年 


REJA・日本不動産ジャーナリスト会議が2019年(令和元年)10月4日(金)16:30-19:00、プレスセンタービル9階日本記者クラブ会見室(千代田区内幸町2-1-1 TEL03-3503-2721)で、創立30周年記念講演会  「Society5.0時代の不動産・住宅市場」を開催した。またこれに合わせて、30周年記念誌を発行した。
  

【プログラム】(敬称略)
〇主催者あいさつ(16:30-16:35)
  日本不動産ジャーナリスト会議代表幹事            
                      阿部 和義
〇講演1(16:35-17:05)
  「地方創生とSDGs」
  前・内閣府特命担当大臣(地方創生)・参議院議員       
                      片山 さつき
〇講演2(17:05-17:50)
  「SDGsの推進と不動産開発」
  千葉商科大学学長・不動産学会会長               
                      原科 幸彦
〇講演3(18:00-18:55)
  「ソフトバンクの最新技術を用いた各種産業へのアプローチ (仮)」
  ソフトバンク株式会社 テクノロジーユニット IoT&AI技術本部長 
                      丹波 廣寅
〇30周年記念誌について・閉会の言葉(18:55-19:00)
   日本不動産ジャーナリスト会議幹事     

 



REJA「日本不動産ジャーナリスト会議」とは

 土地、住宅、都市問題に対する社会の関心と評価の高まりに的確に対応すべく、それらにかかわるジャーナリストたちが相互に研鑽して資質の向上を図り、オピニオンリーダー的な役割を担おうと、1989年9月に発足した職能集団。
 土地・住宅問題・都市問題に関心を持つ一般紙、専門紙、経済誌、住宅誌などの記者・編集者、評論家、ライターなど約50名が加入し、有識者・専門家を囲んでの研修会、視察会などを活発に行っている。

2019年度の幹事は阿部和義代表幹事ほか、伊能肇氏、大越武氏、小澤和裕氏、柄澤浩氏、川上堪永氏、藤井繁子氏、霊山智彦氏、千葉利宏氏(事務局)の幹事9人と池上博史監事


同会議設立の経緯は、
2009年9月15日日本不動産ジャーナリスト会議設立20周年記念のパンフに「日本不動産ジャーナリスト会議の略史」として記されている。
http://journalist.realestate-jp.com/?cid=10186





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
コネクッティッドテクノロジーと防水の未来(写真追加)
第7回 日中韓防水シンポ ((写真速報)

600集合OA110157
三か国からの参加者(約200名)10月11日、午前のセッションが終わった段階で撮影。

448オープニングれマークスコネクテッドテクノロジーと防水OA110033
宮内博之実行委員長の歓迎挨拶と開会宣言「コネクテッドテクノロジーと防水の未来」



日本における防水業界の課題と今後の対応~労働力の課題を中心に
448内田 OA110062
内田浩文氏(一社・全国防水工事業協会)

日本におけるメンブレン防水の現状
448JWMA shimamura OA110007
島村浩行氏(一社・日本防水材料協会)

日本の建築用シーリング材最新情報
448itou OA110022
伊藤彰彦氏(日本シーリング材工業会)

中国のプレハブ建築物開発状況と動向
448中国 OA110049
448中国アップOA 110053
Zhang Kewen 氏

韓国の防水技術の未来のための東アジア協力研究
448韓国 OA110066
Oh Sang‐Keun氏

日本建築学会編「建築保全標準」の概要
448輿石 OA110092
輿石直幸氏

448会場質問 OA110114
会場からの質問


448宮内 OA110175
超大型台風19号の接近により、交通機関の運行停止が決まったため、翌日のセッションンの中止を告げる宮内実行委員長。

*詳細は次号




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 10月11日(金)・12日(土) 第7回日中韓防水シンポ

 【第7回日中韓防水シンポジウム】
  開催日時:2019年10月11日(金)9:30~10月12日(土)13:00
  開催場所:早稲田大学総合学術情報センター国際会議場 井深 大記念ホール
           東京都新宿区西早稲田1-20-14
          受付開始:2019年10月11日(金)9:00~

表紙 (1)




 【第7回日中韓防水シンポジウム懇親会】
  開催日時:2019年10月11日(金)18:30~
  開催場所:リーガロイヤルホテル東京 3階
         東京都新宿区戸塚町1-104-19
         TEL:03-5285-1121
  


「第7回 日中韓防水シンポジウム」が、2019年10月11日(金)・12日(土)の両日、早稲田大学総合学術情報センター国際会議場 井深大記念ホールを会場に開催される。主催は早稲田大学理工学術院創造理工学部。協賛は(一社)全国防水工事業協会,(一社)日本防水材料協会,日本シーリング材工業会。
会場は早稲田大学総合学術情報センター国際会議場 井深大記念ホール(東京都新宿区西早稲田 1-20-14)。
アクセス
表紙 (2)




 

日中韓防水シンポジウムは、2009年11月25日に東京工業大学 100年記念館にて第1 回を開催して以来、翌年に韓国・ソウル科学技術大学、翌々年に中国・浙江工業大学で開催されました。以降、3国で隔年開催しております。

本シンポジウムは、比較的雨の多い地域を抱える日本、中国および韓国の3国の防水技術者、研究者が一同に会して、より良い防水を作るための防水技術を紹介し、議論を重ねることにより3国の防水技術を進化させ、アジア各国のみならず、今後の世界の防水技術に対しても大きな影響を与えることが期待されます。
                                                           実行委員長:宮内博之


以下のスケジュールが予定されている
1)主旨説明:Connected Technology と防水の未来
2)「日本における防水業界の課題と今後の対応」
3)「中国における防水業界の課題と今後の対応」
4)「韓国における防水業界の課題と今後の対応」
5)日本建築学会『保全標準仕様書』策定概要
6)各国からの研究発表・企業からの技術発表(15編程度)

プログラム1
puroguramu 2


このシンポジウムが初めて開催されたのは2009年。「アジアの3国が協力して技術を高め、世界に発信し、世界の防水技術向上に貢献しよう」という東京工業大学田中享二教授(当時)や韓国ソウル科学技術大学 呉 祥根教授の熱意ではじまった。
開催に際して中心になったのが、日本の防水研究の第一人者である田中享二東京工業大学名誉教授。田中研究室にはこれまで中国、韓国ほか各国の学生が在籍し、卒業後それぞれの国の防水分野で活躍している。田中教授は日中韓シンポ開催にあたって「確かに防水は欧米から発展してきたが、雨の多い日中韓だからこその苦労があり、研究、工夫もある。風土的その他でも共通点の多い3国が技術開発や問題解決で連携すれば効果的である。時間はかかるが、こうしたシンポジウム継続することが大切。それがアジアの防水を良くし、世界の防水を良くする道だと信じる」と訴えた。
開催に際しては、「メリットがない」、と消極的な業界関係者が少なからず存在する一方、「欧米中心ではグローバルとは言えない。アジアの実情を反映してこそ真のグローバルであり、日中韓3国の防水業界が協力して発言力を高め、使えるISOを作ろう。そのためにこの日中韓防水シンポによる信頼・協力関係は心強い」。と意義を見出すメーカー関係者もいる。さらに、現在の日中韓の緊張感のある情勢の中で、こうしたシンポジウムが開催されることの価値もある。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
写真速報 湯浅昇氏 AIj論文賞 祝賀会

令和元年9月20日、東京・学士会館で、湯浅日大教授の建築学会賞受賞を祝う会が開催された。

448出村発起人R0000229
発起人挨拶:日本大学 出村克宣教授。



800式次第

448野口発起人R0000234
発起人挨拶:東京大学 野口貴文教授
448上村乾杯R0000259
乾杯の発声:元建設省建築研究所所長

448お礼の言葉R0000318
お礼の言葉:日本大学 湯浅昇教授
800 略歴

448司会 野中英 (熊木組)
司会 野中英氏 (熊木組)

448十代田、田中、湯浅、上村R0000284
左から十代田知三、田中享二、湯浅、上村の各氏。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です