FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
JASS12 屋根工事改定で講習会
目標性能拡充、棟換気の節を新設

448konnnkuriime-ji PF000287



「建築工事標準仕様書 JASS12 屋根工事(改定)」の改定版刊行に当たり、日本建築学会 材料施工委員会 内外装工事運営委員会は、2020年12月8日(火)13:00~17:00  東京・三田の建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)で講習会を開催する。ライブ配信(クラストリーム)も。 司会と趣旨説明は栗田 紀之氏(建築環境ワークス協同組合)

1958年に制定されたJASS12「屋根工事」は我が国の屋根工事の基準となってきた。16年を経て今回は第3次の改定となる。
主催者によると、
この間、2004年には観測史上最多(10回)の台風上陸数が記録されて,屋根を始めとする非構造部材の顕著な被害が発生したことを受け,本会においても特別研究委員会を設置して対応に取り組んできた。また2011年東北地方太平洋地震、2016年熊本地震などにおいても大きな屋根被害が生じた。社会的には,長期優良住宅の普及の促進に関する法律の制定(2008年)および関連品確法の改定、住生活基本法の制定(2009年)、省エネ法・省エネルギー基準の改正(2015年)などがあった。これらを背景にして、屋根の諸性能、特に、住宅の長期利用を前提とした構造性能、耐久性能、維持・保全性能などに対する要求が高まってきている。
本会材料施工委員会では、2014年度の改定準備WGを経て、2015年度に「JASS12屋根工事改定小委員会」を設置し、また下部に「JASS12技術検討WG」、「JASS12執筆WG」を設けて、旧版を骨子としながら上述の変化を反映させるように,改定作業を進めてきた。2018年12月に一応の改定原案を作成し、本会所定のルールに従う査読を経て、この度出版の運びとなった。

このJASS12「屋根工事」改定版は、旧版刊行以来の屋根工事の変化に対応して、内容を一新している。特に屋根工事の目標性能について大きく拡充、また、棟換気(屋根換気)に関する節を新設している。


JASS127 屋根工事 

プログラムと講師(敬称略)

1 節:総則
2 節 屋根工事の目標性能
3 節 工事共通事項
4 節 下地、5 節 下葺
6 節 粘土瓦葺
7 節 プレスセメント瓦葺
8 節 住宅屋根用化粧スレート葺
9 節 繊維強化セメント板葺
10 節 金属板葺
11 節 折板葺
12 節 銅板葺
14 節 とい
13 節 アスファルトシングル葺
15 節 棟換気
16 節 特記、参考資料

講 師
栗田 紀之 (建築環境ワークス協同組合)
足立 英明 (全日本瓦工事業連盟)
西田 俊文 (住宅外装テクニカルセンター)
工藤 幸則 (日本金属屋根協会)
山崎 肇  (日本防水材料協会)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
建築ドローンで技術評価事業開始
建築ドローンで技術評価事業開始

448雨のあけびOA080532


JADA日本建築ドローン協会は2020年10月8日、建築分野におけるドローン及び関連技術の普及を促進することを目的とし、申請された技術に対して技術評価と技術評価書の発行の業務を行う「建築ドローン技術評価事業」を創設、受付を開始した。
新規の技術評価手数料は280万円


<建築ドローン技術評価事業の概要>
(1)主な対象技術
 建築ドローン技術評価事業は、建築に関わるドローンを用いた調査・点検の中で、その安全な運用と確実なデータの取得とその精度について、管理方法を含めて評価する。評価した調査・点検システムは、例えば以下のような技術に用いられることを想定している。
 ・建築に関わるドローンの安全装置・設備関連技術
 ・ドローンを利用した建築物の施工管理に関わる技術
 ・ドローンを利用した建築物の損傷・変状等に係る点検調査に関わる技術
 ・ドローンを利用した建築物の設備点検等に係る点検調査に関わる技術
 ・ドローンを利用した建築物に関わる災害調査(地震、水害、火災等)に関わる技術 等

(2)技術評価委員会と技術評価の方法
 技術の評価方法については、申請者様により提出された書類をもとに建築及びドローン業界を代表する学識経験者等からなる「技術評価委員会」にて技術の評価をする。
 申請された技術は,主に以下の目標・結果・実績等により評価される。
 ・申請技術の新規性や他技術と比較した場合の優位性等
  (飛行計画方法、飛行管理方法、設備管理方法、技術教育方法、苦情処理方法を記した資料等)
 ・開発目標が達成されていることを証明するための「実証実験結果」等
 ・申請技術の実用化や普及の判断を行うための「使用実績」等


技術評価の手続き



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
「トンネル覆工の防水技術(防水シート)」の技術選定
国交省が4社の防水シートを選定


448どんぐり充実
コナラのドングリ着地準備完了。


国土交通省では、『トンネル覆工の防水技術(防水シート)』について、令和2 年8 月11 日~9 月10 日まで技術公募(テーマ設定型(技術公募)※)を実施し、このほど下記の技術を選定した。

「新技術活用システムにおけるテーマ設定型技術公募」とは、直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条
件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取り組み。


公募技術:トンネル覆工の防水技術(防水シート選定技術 一覧)

1.化学接着性防水シート<フィットライナー>(仮) NETIS未登録 株式会社クラレ
2.シグナルシート NETIS番号KK-100083-VR 株式会社ケー・エフ・シー
3.ハイパネル オセロットシート(仮) NETIS未登録 株式会社ケー・エフ・シー
4.SG シート NETIS番号KT-150067-A フジモリ産業株式会社



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
「ステイホーム!」といわれても。ステイする家は無し
ビッグイシュー日本が、「コロナ緊急3ヵ月通信販売」3次参加募集


390号
最新号Vol.390 9月1日号特集は「秋こそ、ソロキャンプ」。スペシャルインタビューは、ケイティ・ぺりー。


ストリートペーパーとして17年目を迎えた「ビッグイシュー日本版」
2020年 9月 4日ビッグイシュー日本が、3度目のコロナ緊急3ヶ月通信販売の募集を開始した。

ビッグイシュー日本によると、第1次が、9000人余、第2次5000人余が応募した。この売上により、4月、5月、6月は毎月5万円、7月、8月は毎月3万円の配分金をホームレスの販売者に提供できた。おかげで販売者は励まされ、必要を感じたら休むこともでき、感染者も出ていない、という。
緊急事態宣言の下で一旦は減った感染者が今、東京、大阪のみならず全国で増えている。販売者は最大限の予防対策をしながら路上での販売を続けているが、街角の人出に影響される雑誌の販売数は、4月1日号は31%減、15日号40%減、5月1日号は40%減、15日号27%減、6月1日号は28%減、15日20%減、7月1日号38%減、15日号29%減と、減り幅は一時2割台に戻った後、再び3割台となっている。


■「第3次コロナ緊急3ヵ月通信販売」
■価格:3300円
※内訳:雑誌代金(@450×6=2700円)+送料
■販売者還元額:@230×6冊=1380円
■配分目標:毎月3万円程度を(主に雑誌販売で自活している)販売者に10月~12月の3ヵ月間配分
■申し込み期間:9月4日~11月30日


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
レジリエント建築シンポ原稿
応募締め切り8月31日




AIJが2020年11月26日(木)/ 建築会館ホールで予定している「レジリエント建築シンポジウム」発表講演原稿の締め切りが迫っている。

レジリエンスという言葉は、辞書的には、ものが外力を受けてた時、元に戻ろうとする弾性や回復力を意味し、1970年代に生態学・心理学分野で危機や逆境に対する回復や適応を、表す言葉として用いられるようになった。

近年、地震・豪雨・台風等の自然災害による被害が大きな問題となり、これまでの常識ではカバーできないような事象が多数観測されている。予測困難な時代においても有効となる「レジリエント建築」への取り組みが求められてくるだろう。防水に求められる要求性能もさらに複雑かつ高度化するはずだ。

昨年 9月の日本建築学会大会(北陸)では、パネルディスカッション「事業継続計画策定のための地震災害等に対する建物の機能維持・回復性能評価指標の提案に向けて」が開催され、レジリエント建築に関する現況報告と議論が行われ、今年2020年の建築雑誌1月号でもレジリエント建築が特集された。その中で京都大学・牧紀男教授は「レジリエンス建築」=「しなやかな建築」と解き、その現実的な表れを、いくつかのことばで例示している。例えば、災害時も使い続けられる建築、水害に対して建築はどう対処するか、移動できる建築、ライフラインを自給できる建築など。

このシンポジウムでは、そのような自然災害に対する抵抗性能に加えて、災害発生後の高い回復性能を有するレジリエント建築およびそれに関する研究についての議論が予定されている

「レジリエント建築シンポジウム」
<主 催>:日本建築学会 企画運営委員会 レジリエント建築タスクフォース
<シンポジウム開催日/会場>: 2020年11月26日(木)/ 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)もしくは オンライン
応募締切: 2020年8月31日(月) 17時

主催者は「レジリエント建築の概念は、研究者・設計者により異なることも予想されるため、レジリエント建築が適切に定義され、想定する災害時の機能維持と被害の状況およびその後の回復の程度と時間等が具体的に示されていることが望ましい。また、レジリエントでない場合との比較がわかりやすく示されることが望ましい」として、参考となるレジリエント建築の事例およびキーワードを以下のように紹介している。

・災害時に使用する建築物
・水がくると浮き上がる建築(移動する建築)
・所蔵庫や設備の高層部への移動
・トレーラーハウス
・敷地内の遊水池
・設備系統のゾーニング
・復旧性能に優れた建築計画に基づく建築物
・自家発電装置の設置建物
・免制振機構などを有する抵抗性能に優れた建築物
・多重化された設備システム(機器・配線)
・街区内におけるエネルギー融通(熱・電力等)
・電力不要な自然換気を考慮した外装(ダブルスキン等)
・地震後の損傷調査が容易な内装・仕上げ


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
「トンネル覆工の防水技術(防水シート)」
要求性能に対する意見募集結果と技術を公募
国交省、新技術活用システムにおける取り組み

yaseiwashi DSC02026



国土交通省では、『トンネル覆工の防水技術(防水シート)』の要求性能(案)に対する意見(意見募集期間令和2 年5 月21 日~6 月5 日)を踏まえ、技術の要求性能を決定した。これを元に8月11日、新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)※」にて、本技術を令和2 年8月11 日(火)~ 9 月10 日(木)まで公募することを発表した。

※「テーマ設定型(技術公募)」:直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用
を促進する取り組み。


〈意見募集結果について〉
1.要求性能(案)に対する「意見」と「意見に対する回答」
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)にて公表

〈技術公募について〉
1.募集期間 令和2年8月11日(火)~令和2年9月10日(木)
2.公募要領、要求性能、応募資料作成要領、応募様式
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)よりダウンロード。


なお、本テーマに関する「テーマ設定型(技術公募)」の実施は、平成30年6月末に第三者機関等として選定された(一社)日本建設機械施工協会が行う。
『トンネル覆工の防水技術(防水シート)』 実施機関
一般社団法人 日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所
TEL:0545(35)0212 FAX:0545(35)3719 E-mail:netis-bousui@cmi.or.jp

○意見募集結果及び技術公募に関する問い合わせは、
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)もしくは上記へ


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
STAY HOMEの呼びかけに
取り残されつ春雷に 家を持たぬ人たち (ビッグイシューが紹介した松本典子氏の歌)

がレス・ジョーンズDSC02007
ビッグイシュー最新号(388)が届きました

700BI338gou.jpg


hyoushi 表紙DSC01999

見開き