FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
もし、この世界に ワ ラ しかなかったら・・・
日本建築学会 ― 子どもの建築ワークショップ
つくってあそぼう!

wara.png

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/kodomo20190217.pdf

日時:2019年2月17日(日)13:00-16:00(受付12:30-)        
会場:建築会館イベント広揚/ギャラリー(港区芝5-26-20)
アクセス:JR田町駅/都営地下鉄三田駅(浅草線・三田線)徒歩3分
対象:小学生とその家族   ※子供だけの参加歓迎。
参加費:無料
持物:適宜、水筒などの飲み物。屋外での活動もあり防寒対策、動きやすい服装・靴など。
申込方法: 件名を「けんちく広場参加希望」とし、①~④を記入の上、メール にて。 ①参加者氏名(全員分) ②住所 ③電話番号 ④学年(年齢)
申込先:日本建築学会「けんちく広場」
e-mail : mishima@aij.or.jp (問合せTEL: 03-3456-2051)
申込期日:2019年2月10日(日)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
平成31年元旦
謹賀新年

448.jpg

月のフェイズに合わせて発刊する、ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」より、平成31年新年のお慶びを申し上げます。 
屋根を愛で、屋根を守る人たちの仕事ぶりや、仕事に対する思いを伝えたいと思います。雨仕舞、防水の観点から屋根を見、歴史やアートの世界とのつながりを、探し始めたのですが、次々と現れてくるのです。屋根をテーマに美術、音楽、考古学、歴史で遊べます。「屋根で遊ぶ」というより「屋根を遊ぶ」と感じます。
今年もhttp://roof-net.jp/をよろしくお願いいたします。
ROOF-NETの今年の3大テーマ  
① 近江神宮宝物館に防水の歴史コナー設置
② 雨漏りが原因で消え去る名建築を救え―
③ 屋根の歴史・防水の歴史を音楽や美術を通して見るという屋根遊び
~Thème de Roofnet S'amuser en toiturant 。東西 屋根と防水と音楽めぐり
roof-net・ルーフネットは、屋根・防水・雨仕舞に関わる人たちが、自信とプライドを持って仕事を継続できることを祈ります。そして今年も「屋根と防水と雨仕舞のセレクトショップ」を目指します。
                                        店主 森田喜晴
ルーフネット鶴川支局
FAX 042-812-3518 morita@roof-net.jp 090-7410-9474
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷 7-23-31-204
編集本部
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-3日本橋梶原ビル6F



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
鶴川絵日記 秋分のシュウメイギク
午前10時55分 2018年秋分 
シュウメイギク2 PG9P3373

シュウメイギク PG9P3375
多賀暦によると
9月 長月(ながつき)はイナカリヅキ(稲刈月)の略。 またはヨナガツキ(夜長月)の略。


祇園閣
448祇園閣とコカk-ラPG9P1636
祇園閣 – 1928年(昭和3年)に建築された鉄筋コンクリート造三階建。高さ百二十尺(36m)、鉾先には金鶴が輝く。大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が建てた別邸の一部である。屋根は銅板葺きで、これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったため、と言われている。祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太。入口や内部のあちこちにに忠太の霊獣が据えられている。

金鶏 PG9P1626


1988年には望楼に至る階段の壁に敦煌・莫高窟壁画模写が中国人画家の手により描かれている。1997年(平成9年)12月12日、国の登録有形文化財に登録された。書院 は 元々この地にあったもので、旧大倉家京都別邸・真葛荘の一部。祇園閣とともに国の登録有形文化財に登録された。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です



まめもらんだむ20180103
いくつになっても発見はあるもので。

448屠蘇 P1010467
お屠蘇のお湯割りはうまい!還暦をはるかに過ぎて、そのことに気づく。屠蘇散のティーバッグには「2合の酒に一晩つけてください」と書かれている。屠蘇散が浸かったままの飲み残しを見つけて、やたら濃いお屠蘇を湯で割ってみた。正月の食べ過ぎ飲みすぎ状態の腹にはとてもやさしい。
鶴川絵日記 軒端の梅の実
2017.6.22 
軒端の梅P6210003
鶴川村の軒端の梅色付く。 本物の軒端の梅は京都市左京区浄土寺真如町の東北院にひっそりと。
mamemoranndamukana
「 《別府マンション事件》 その後」
「別府マンション事件」の最高裁差戻し判決は平成23年7月21日だった。もうすぐ6年だ。「外壁の剥落する恐れのある瑕疵は、建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵であり、設計・監理者、施工者等に損害賠償責任がある」、と解される衝撃的なものであった。この建物の安全性に関する画期的な判決は、その後、建築の損害賠償請求に関わる紛争にどのような影響を及ぼしたのか。奈良利男氏による記事を準備中。