FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 勅封という密封システムと正倉院の漏水対策
奥のみず道第20回
The seal 「勅封」という密封システムと正倉院の漏水対策

seihoukei 割り印 P2070252 (2)


日本シーリング材工業会(略称・日シ工機関誌「& SEALANT」(年4回発行)の2013年12月10日発行NO.83 から、「奥のみず道」シリーズが始まりました。
狙いは、屋根と雨仕舞のウェブマガジン「ルーフネット」編集長が全国をブラブラしながら、古の人達が防水や雨仕舞にどう取り組んできたか、また著名建築における防水・雨仕舞という視点で、防水やシールのルーツを探ったりヒントや知恵を見つけたりといった内容を目指しました。今回は20回目。
ルーフネットではRN436号の読み物として、No.104 (2019年3月10日発行)の掲載記事を転載させていただきます。

Y700 20 no1
y700 20no2

T448正倉院の歴史平成9年 吉川弘文館 3800円。
正倉院の歴史、橋本義彦著。平成9年 吉川弘文館 279頁3800円。
表紙に描かれているのは天保4年の開封の様子、


///
日本シーリング材工業会(略称・日シ工)http://www.sealant.gr.jp/N-profile-gaiyo.html
は、昭和38年2月設立。わが国のシーリング材メーカーが加盟し、賛助会員は原材料メーカー、取扱業者等が加入しており、全国に7支部を有する全国的組織。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

ドローンによる建物点検
JADAが来年度にインスペクション実施
マニュアル・仕様書も公表予定


JADA

 建築物の点検業務複雑さ、難しさははその対象となる建築物の構造や環境、劣化事象さらには点検者の経験等によってさまざまである。
しかし依頼者に引き渡す成果物は、一定の基準に達した、かつ信頼できる精度での点検結果でなければならない。

JADA日本建築ドローン協会(本橋健司会長)は2017年9月、建築物へのドローン活用のための安全マニュアルを発行した。これは建築施工管理・点検調査において、 安全にドローンを活用するための、ガイドラインに相当する。 

同協会の建築ドローンインスペクションSWG(二村 憲太郎主査・写真左))は、常に信頼を損なうことのない検業務を遂行できるよう、建築物の点検(インスペクション)を「具体的」にどのように実践するのかを検証し、マニュアル作成に取組んできた。現在、モデルと事例、用語の定義やルールの策定も詰めの段階にきており、 来年度にはこの成果を受け、「標準仕様書」「モデル・事例」の公表を目指している。さらにこれらを使用した安全講習会・セミナー等の実施を検討している。


二村主査左

建築ドローンインスペクションSWG 二村 憲太郎主査(左)

またJADAの建築ドローンスクール検討WGでは、既に開催を続けている「建築ドローン安全教育講習会」や、建築ドローンインスペクションSWGで作成を進めている「標準仕様書」、「モデル・事例」の内容を実技講習としたカリュキュラムの検討や、現場での試行を計画している。将来的には「JADA認定建築ドローンスクール(仮称)」の開設を目指す。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

どうする  修繕積立金不足 
リニュアル協が管理組合向けセミナー 

1448リ協


スクリーンショット (259)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
 ⦿ 特別講演会「文化遺産とSDGsを考える」
3月19日(火)東京文化財研究所で開催
文化遺産国際協力コンソーシアム
スクリーンショット (264)
SDGs(エスディージーズ)のことを知りたい、でもワークショップや無理やり共同作業をさせられたり、はいやだ。浮遊感の漂う環境論にも付き合いたくない・・・、そんな人には、ぴったりかもしれない。「防水と屋根とSDGs」を考えたい人に、ルーフネットのお薦めです。


スクリーンショット (265)

申し込み、講師プロフィール、詳細は以下へ
https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20190308/


:::::::::::::::::::::
 2015年9月に国連総会で採択された2030年アジェンダおよびSDGs(持続可能な開発目標)は、様々な分野や国を超えて持続可能な開発を達成し、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ための国際目標である。

169項目のターゲットの中には、文化遺産の保護・保全の努力の強化が掲げられている。2019年1月に開催された文化遺産国際協力コンソーシアム第24回研究会「文化遺産とSDGs」の場においても、国際協力を実施するうえで、SDGsは避けることのできない重要な枠組であるとの共通認識が得られ、文化遺産保護に携わる者がSDGsとどう向き合っていくべきかについて、さらなる議論の必要性が確認された。

 文化遺産国際協力コンソーシアムは、この度、オーストラリアICOMOS会員(国内学術委員会Energy and Sustainability所属)であり、建築家、ヘリテージ・コンサルタントとしてオーストラリア国内での文化遺産の修復・保存に携わっているルース・レッデン氏を迎え、特別講演会を開催する。海外の事例や動向を学び、SDGsと文化遺産について理解を深め、議論を進める機会としたい。 (文化遺産国際協力コンソーシアムHPの開催案内より)
::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

エスディージーズ(SDGs)とルーフネット
エスディージーズ(SDGs)と屋根と防水と雨仕舞
のやや長いまめもらんだむ


お花クラブO3040016
写真はマンションの維持管理と「おはなくらぶ」活動


「お前のやっていること、ルーフネットの支離滅裂さはエス・ディー・ジーズ(SDGs)の視点で説明すれば、理解されるかもしれんなあ」とある人から言われた。「なんじゃそれは?」というと、
SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。SDGs(エス・ディー・ジーズ)と読む。GはGoals(ゴールズ)の略。~~~【SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている】とロボット声で答え、日本もこれで動き出した、~~~という。

しかたなく、その夜、安直ネット検索で調べてみた。イマココラボのメルマガ登録もした。たしかに理念は立派、そのとおり。そんな「あるべき論」は大昔から唱えられていた。国連憲章やユネスコの理念だし、国家や団体、企業、個人もそうあるべきだ。ユネスコに言われるまでもなく、「自分よし、相手よし、世間よし」の近江商人の理念と同じである。「三方よし」の継続を願って、心ある人は、技能の伝承に努め、まっとうな消費者は、そうした人に発注し、その心でものを作り・売る店で、商品を買う。SDGsは見事なプレゼンテーションではあるが、今更ごたいそうな言葉を作って騒ぐ意味があるの?というのが、率直な感想だ。
解っていてもできないから、或いは、わからない人が多いから、実行方法を示しました。仕組みを作りましたから、これでやろうね。
ということなのか。


とはいっても、明日SDGsのワークショップ付きの講習会が近くで行われるのを見つけてしまった。WSというものが嫌いなのだが、行ってみるしかないだろうな。

行くからには予習だ。
SDGs_20190314195009c29.png
朝日新聞の:https://miraimedia.asahi.com/sdgs-description/ が見やすい気がします。

SDGsの17の目標のうち、直接関係する目標は次の3つだろう。
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
11.住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
12.つくる責任 つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

各目標には、それぞれ、少しだけ具体的な、ターゲットが示されている。(詳細は次回)

また間接的な目標としては
1.貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
8.働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

も関わってくる。

とは言っても、まじめにお考えればどれも関連してくるわけで、自分と関係があるのは、これとこれ、とは切り取れない。実はすべてに関わるよ、というのが。SDGsの考えでもあるようだ。
関連する世界で起こっている問題や課題、今後世界がどういった方向に進んでいこうとしているのかという全体像を把握し、それぞれがお互いに繋がっている、という感覚を持つことが大切、という。そのうえで、それぞれが自分の生活・職業を通じて、どう働きかけるべきかを考え、実行すること。これを目標とするのであろうな。と理解した。

イマココラボは「そのつながりの中に、途上国で作られた製品を消費する消費者の一人として、私たち自身もつながっていて、私たち自身の小さな選択がSDGs達成に影響しているということに自覚することが重要」という。

それならば、ルーフネットがいつも言う
~消費者は「ちゃんとした仕事をする人に」仕事を発注し、「ちゃんとしたものを作り・売る人」から買おう。そのことによってのみ、社会は、ちゃんとしたものつくりの継続が可能になる。そこに関わることは、ある意味で、良いものを手に入れる以上の喜びがある。
~という主張と同じだ。

この考えで、良いのだろうか。 それを明日、問うてみよう。

課題:では「ちゃんとした」とは何なんだい!
「ちゃんとした」を、どうやって、「そうじゃないもの」と区別するの?

は次回。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
土器誕生が物語る人類史の転換点

建築博物教室第18回「うつわのアーキテクチャ ――」
東京大学総合研究博物館小石川分館

あーきてくとにか

日時:2019年3月30日(土) 13:30〜15:00

講師:小髙敬寛(東京大学総合研究博物館特任研究員/近東考古学)

会場:東京大学総合研究博物館小石川分館 2階「空間標本」展示室
   東京都文京区白山3-7-1 tel.03-5777-8600
地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩8分

参加費:無料。 先着順
事前申し込み不要。定員:50名

^^^
* ルーフネットは、土器にアスファルトなどによる防水・コーティングがあるか。ひび割れ補修の材料は何か?などに注目しています。






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
高いところに、遠くに手を伸ばそうとしたら、
足元が大事だ。(2019年3月13日午前4時35分の夢)

mamemoクレーン O3060048 (2)

長さが2倍になると面積は4倍。 するとクレーンの高さが2倍になると、土台の「しっかり具合」は2の3乗で、8倍になるのだろうか。
自らの歴史を疎(おろそ)かにする会社に未来はない。過去から学ばない業界は尊敬されない。だから屋根・防水雨仕舞の歴史を、追いかけています。「それがどうした。俺は未来志向なんだ。過去には興味がない!」と言われながら。

木はその高さに応じた根を張ります。光合成しながら成長するための養分はチッソ・リン・カリの三大栄養素と水だけではありません。様々な微量元素が不可欠です。

ルーファーが誇りを持って、尊敬される良い仕事が継続できるように、尊敬される人も尊敬する側も力が必要です。その仕組みを考え、周辺に働きかけて実践することが、業界団体の存在意義だと思います。

その実現のために職人・親方・経営者、メーカーの技術・営業、販売店の営業マン、ゼネコンの現場監督・研究者、大学の研究者、マスコミ、カメラマン、施主それぞれの立場で、できることは有ります。 そして最終的に最も恩恵を受ける発注者には、「良い仕事をする人に、発注する」、という最大の役割と、喜びがあります。

で、ルーフネットの役割は、というと、「屋根と防水と雨仕舞に関する知恵と技と、関わる人の心意気」を、歴史、文化、美術、音楽の面から掘り起こし、「俺たち結構、カッコいいじゃない」、と励ましあい、「屋根屋って、なかなか凄いでしょ」と発注者に示すことです。そのために、聖書、日本書紀、鳥獣戯画、オペレッタ、中銀カプセルマンション、 能、歴史絵画、 ホームレス、環境保護、音楽、の記事が出てきます。微量元素です。

以上、このクレーンの夢を見て、「そうか!」と思い付いたことでした。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)