(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY334  地震から建築を守る トライボロジー
地震から文化財を守る
直動案内のトライボロジー


すり減ったリードオルガンの踏み板。東京・神保町学士会館ロビーの7ストップ式カワイオルガン。足踏みによってふいごで風箱に空気を送る。

「トライボロジー」とは摩擦を大きく、または小さく制御して、モノを滑らかに動かす技術である。建築との関わりでは、免振や曳家のほか、床の滑りや壁面の汚れの問題なども重要だ。屋根の分野では、先人たちは雨水の挙動を経験的に理解しながら屋根材の素材選び、固定方法、勾配などに生かし、屋根づくりの知恵を伝えてきた。
「屋根、防水、雨仕舞」をキーワードとする「ルーフネット」でも、このトライボロジーは取り上げたい分野でありながら、先送りになっていた。技術情報誌およびポータルサイト『ベアリング&モーション・テック』の編集長である橋浦克彰氏が、建築リフォーム&リニューアル技術誌に「建物の再生を支えるトライボロジ―技術」の執筆を開始した。今回は「地震から文化財を守る~直動案内のトライボロジー」を報告していたので、これを紹介させていただく。(テツアド―出版、月刊「リフォーム」2017年通巻395号転載)

概要:トライボロジー技術の花形は、何と言ってもベアリングだ。ベアリング=転がり軸受は「玉」や「ころ」などの転動体を用いて滑らかな回転運動を実現する重要な「トライボロジー技術」の一つだが、同様に転がり機構をを用いて滑らかな「直線運動」を実現するトライボロジーとして、「直線運動案内」がある。 
建築物の免振ではこの方法が用いられることが多い。西暦710年に藤原宮から移された奈良・平城宮跡の復元工事が行われており、1998年に朱雀門が、2010年には大極殿が復元された。 大極殿では直動案内と積層ゴム、粘性体ダンパーを組み合わせた免振装置が使用されている。この号では直線運動案内技術(直動技術)を利用して地震から建築物や文化財などを守る「免振・制震機構」のしくみを紹介している。


地震から文化財を守る~直動案内のトライボロジー
建物の再生を支えるトライボロジ―技術 ⑥
テツアドー出版、月刊「リフォーム」2017年通巻395号より転載
15トラ6EPSON008 (1)
15トラ6EPSON008 (2)
15トラ6EPSON008 (3)
15トラ6EPSON008 (4)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

2017年 雨水  

2017年の「雨水」(うすい)は2月月18日

ロウばいP2180043
ロウバイ

P蝋梅の実2180278
蝋梅の実

 雨水(うすい)立春から数えて15日目頃。空から降ってくるものが雪から雨に変わる。氷が溶けて水になる、の意。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきた。春一番が吹くのもこの頃。とはいっても本格的な春の訪れはまだ遠い。雪が降ったり、三寒四温を繰り返しながら、春に向かう。この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

2017年春一番 
2017年春一番は 2月17日 
鶴川絵日記
パラペット付き円形フラットルーフ P2180268
パラペット付き円形フラットルーフ

同パラペット一部損傷 2180269
同パラペット一部損傷および屋根中央部陥没

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



苫(とま)と 筵(むしろ) 
草の元末を揃えて編んだものが苫

中野苫IMGP6088
苫。写真提供・中野誠氏(美山茅葺株式会社代表)

苫(とま))をネットで語彙検索すると「菅 (すげ) や茅 (かや) などを粗く編んだむしろ。和船や家屋を覆って雨露をしのぐのに用いる」、さらに「苫葺き」は、「苫で屋根を葺 (ふ) くこと。また、その屋根」と、要領を得ません。ならばと広辞苑を引くと、「「菅 (すげ) や茅 (かや) を菰(こも)のように編み、和船の上部や小家屋を覆うのに用いるもの」。変わりませんねえ。
やはり茅葺職人に尋ねるしかないでしょう。

塩沢苫 P1070478 akaruku写真提供:塩澤実氏(茅葺屋代表)

中野サンのところで修業した神戸の茅葺職人の塩沢さんに尋ねました。
「苫」とは「ワラやスゲなどの草を、元末を揃えて編んだものです。元の方を棟側にして、軒から棟へと重ねながら屋根の上に広げると、逆葺きの茅葺き屋根ができあがります」。ちなみに元末を交互に草を編んだものは「筵(むしろ)」や「簾(す)」。とのこと。
さらに「あらかじめ編んでおいたものを巻いて束ねておけば、これをさっと広げて仮止めするだけで雨露が凌げる優れものです。耐久性はありませんが、手軽に雨養生するにはうってつけな葺き方です。」とも。さすがルーファーです。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

バレンタインルーフ
バレンタインの屋根
バレンタインルーフ P1040532
2017.2.14 

バレンタイン

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

RNY333 保存か建て替えか 中銀カプセルタワービル④

保存か建て替えか 中銀カプセルタワービル④
カプセルのセルフエイド

kapuseru4 ime-jip16  rippa

交換も十分な修繕もされないまま、注目度だけは益々高まる建物にセルフエイドの手が入った。
満身創痍のカプセルタワーは、あちこちに漏水補修らしき工事の痕跡が見える。ところが、そのどれもが、各オーナーが思い思いの方法で、発注し、施工されたもので、管理組合として大規模改修として実施したものではない。てんでに穴やひび割れをふさぎ、窓やルーバーを付け、エアコン配管の穴をあけたのだ。その結果、安全のためにネットを張らざるを得なくなってしまった。今回の防水工事は、管理組合が行ったものではないが、管理組合の承認を得て7人のオーナーが共同で実施したものだ。このことの意義は大きい。
防水工事に当たった(株)マルトクの鈴木哲男社長に工事の様子を聞くことができたので、その内容を紹介する。
ビフォー

アフター
カプセルの取り壊しが現実味を帯びてくるのは、ミレニアムの2000年を過ぎたころからである。2005年12月にJIA日本建築家協会が、2006年3月にはDOCOMOMO Japanが、さらに2006年7月にはJIA日本建築学会が中銀カプセルタワー管理組合と中銀マンション(株)に対して、建物の保存要望書を提出した。多くのテレビや雑誌が取り上げた。この時、筆者を含めて、多くの人はなぜ設計者自身がカプセル交換に乗り出さないのだろう、買い取ってでも修理をすべきではないか、と思ったはずだ。
しかしカプセルの交換を誰よりも望んでいたのは黒川自身だった。2007年に発刊された「東京人」(都市出版)2月号に「世界に誇るメタボリズム建築中銀カプセルタワーの行方は?」という黒川へのインタビュー記事が掲載されている。ここで黒川紀章は「これまでメンテの相談はなかったのか」という質問に対して「10年前(1907年)から私と大成建設で、カプセル交換の要望書、危険通告、警告、取り壊した場合とカプセル交換した場合の工事費比較表などを管理組合に提出している」と応えている。
黒川事務所によるカプセルタワーの修繕案は2種類、2002年と2006年に管理組合に提出されている

マルトク工事 P1010186

kapuseru4 表紙

月刊「リフォーム」2016年10月号から、保存か建て替えか、で紛糾する世界的に著名な中銀カプセルタワービルの連載が始まった。本コーナーでは、その記事を順次転載している。今回はその4回目、2017年2月号より。

保存か建て替えか 中銀カプセルタワービル④
カプセルのセルフエイド
(株)テツアドー出版 月刊「リフォーム」2017年2月号より

20カプセル4」EPSON005 (1)
20カプセル4」EPSON005 (2)
20カプセル4」EPSON005 (3)
20カプセル4」EPSON005 (4)
20カプセル4」EPSON005 (5)
20カプセル4」EPSON005 (6)
20カプセル4」EPSON005 (7)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

平成29年KRK新年会と記念講演

「防水に関するゼネコンの研究開発」で講演会

KRK 新年会 講演岡本氏P1270103
2017年1月27日、東京・神保町の学士会館で平成29年新年会と記念講演会を開催した。
講師は竹中工務店建築技術研究所の岡本肇氏で、テーマは「防水に関するゼネコンの研究開発」。竹中技術研究所の業務・施設紹介、防水工事の位置づけ、建設市場の現状と今後、防水の研究開発、竹中工務店の防水仕様~につて講演した。
KRK藤本会長 P1270223
懇親会で挨拶する藤本庄三会長(アーキヤマデ)。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会