FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY  銅屋根クロニクル79 
最古の公立美術館の保存と活用
京セラ京都市美術館

改修前のふぃにある (2)

京都市京セラ美術館が2020年6月19日に京都府民限定を解除し、全ての人を対象に前日までの事前予約制の形でのオープンとなった。外観を維持した上での今回のリニューアルで、変わった最大のポイントは回遊と交流を生み出す広場・エントランスである。美術館前には、スロープ状の広場「京セラスクエア」が誕生。緩やかなスロープを降りると、リニューアル事業の一番のシンボルとも言える意匠の「ガラス・リボン」が正面に挿入されている。

改修前のふぃにある (1)
改修前のフィニアル
改修後
車寄せの上の巨大な擬宝珠(ぎぼし)状のフィニアル。

緑青の美しい銅板屋根に関して、報告書は、「老朽化が進み、全面的な改修が必要な状態となっていた。今回の改修では、既存屋根材を部分的に撤去保管したうえで、特徴であるリブ付き瓦棒葺きの外観形状は踏襲し、乾式工法による全面葺き替えとした。屋根上の装飾役物金物は、創建当初部材の上に銅板を被せて、現地保存を図った。なお、復原部の銅板については、人工的な緑青処理は施さず、経年による変化に委ねることにした」と、記している。



448表紙 DSC02200
今回は表紙も京美です。
縦448表紙説明

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm


448 79京セラ

銅屋根クロニクルー79ー京セラ京都市美術館(京都府)
800 79京セラ (1)

800 79京セラ (2)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
寿二人三番叟(ことぶき ににん さんばそう)
 
令和2年の秋分

寿二人三番叟
国立劇場再開は天下泰平、五穀豊穣そして疫病退散を願う三番叟で。客席は市松模様で満席。

令和2年の秋分は9月22日午後10時31分。





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。

RNY 2019年度道路メンテナンス年報
橋梁等の2019年度(令和元年度)点検結果をとりまとめ

700橋梁点検における新技術の活用状況


国土交通省は、橋梁等の2019年度(令和元年度)点検結果をとりまとめ、これまでの診断結果や措置状況等を「道路メンテナンス年報」としてとりまとめた。

2019年度の点検において、ドローン等の点検支援技術を活用した地方公共団体数は、橋梁で32団体、トンネルで5団体にとどまっている。


概要は以下の通り。

舗装の点検・修繕等措置の実施状況


橋梁、トンネル等の点検実施状況・判定区分

道路lメンテナンス年報の詳細は、以下のWeb ページで。
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/yobohozen_maint_r01.html



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
令和2年、1Qのリフォーム・リニューアル工事受注高
建築物リフォーム・リニューアル調査報告(令和2年度第1四半期受注分)

木の亀と金属の亀 黒檀の亀と真鍮の亀DSC01927



国土交通省は令和2年9月10日、令和2年度第1四半期に元請けとして受注した建築物リフォーム・リニューアル工事について、建設業許可業者5,000者に対し調査を実施し、結果を取りまとめた。
 

受注高の合計は、 2 兆 4,633 億円 (対前年同期比 21.9%減)
うち、住宅に係る工事は、 6,746 億円 ( 同 18.4%減)
非住宅建築物に係る工事は、 1 兆 7,888 億円 ( 同 23.1%減)


詳細は
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001362824.pdf

受注高の推移


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。

竜宮城の屋根

竜宮城の屋根

片瀬江の島駅


2020年7月30日、竜宮造りの「片瀬江ノ島駅 新駅舎」が完成した。

片瀬江ノ島駅は、1929年4月1日の小田急江ノ島線営業開始に合わせて、竜宮造りと称される竜宮城を模した造りで開設され、以来90年の間、地域の人々や観光客に親しまれてきました。2018年に建て替えが開始され、約6ヶ月間の工期を経て屋根総面積785㎡(回廊・コンコースを含む)の改修工事が完了した。新しい駅舎神奈川県産の木材を活用した本格的な竜宮造りで、木の温もりがあふれる駅舎になっている。

竜宮造りとは、社寺の楼門の造り方の一種で、下部は漆喰しつくいで塗り固め、中央にアーチ型の通路をあけ、上部は木材で軒を組み、入母屋の屋根をのせる。木部を丹や群青などで彩色し、異国趣味が強い。長崎の国宝崇福寺楼門が代表例だ。

屋根は、緑青発色チタンで成形加工したチタンによる本瓦棒(芯木なし工法)および横葺きで、役物も多様な処理をしたチタンが使用されている。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
燃水祭代表世話人が死去
芝野桂太郎氏(滋賀石油会長)が8月11日逝去(85歳)


芝野挨拶
近江神宮燃水祭の直来で挨拶する芝野さん。(2016年撮影)

芝野さんfuhou



芝野桂太郎氏については、RNYで紹介します。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
「ステイホーム!」といわれても。ステイする家は無し
ビッグイシュー日本が、「コロナ緊急3ヵ月通信販売」3次参加募集


390号
最新号Vol.390 9月1日号特集は「秋こそ、ソロキャンプ」。スペシャルインタビューは、ケイティ・ぺりー。


ストリートペーパーとして17年目を迎えた「ビッグイシュー日本版」
2020年 9月 4日ビッグイシュー日本が、3度目のコロナ緊急3ヶ月通信販売の募集を開始した。

ビッグイシュー日本によると、第1次が、9000人余、第2次5000人余が応募した。この売上により、4月、5月、6月は毎月5万円、7月、8月は毎月3万円の配分金をホームレスの販売者に提供できた。おかげで販売者は励まされ、必要を感じたら休むこともでき、感染者も出ていない、という。
緊急事態宣言の下で一旦は減った感染者が今、東京、大阪のみならず全国で増えている。販売者は最大限の予防対策をしながら路上での販売を続けているが、街角の人出に影響される雑誌の販売数は、4月1日号は31%減、15日号40%減、5月1日号は40%減、15日号27%減、6月1日号は28%減、15日20%減、7月1日号38%減、15日号29%減と、減り幅は一時2割台に戻った後、再び3割台となっている。


■「第3次コロナ緊急3ヵ月通信販売」
■価格:3300円
※内訳:雑誌代金(@450×6=2700円)+送料
■販売者還元額:@230×6冊=1380円
■配分目標:毎月3万円程度を(主に雑誌販売で自活している)販売者に10月~12月の3ヵ月間配分
■申し込み期間:9月4日~11月30日


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。