FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
水の学校
雨とニオイと下水道 ~写真家が肌で感じた世界~
2019. 9.21(土) に武蔵野市で 特別講座

448水の学校 


以下パンフより

わたしたちの誰もが深く関わり、恩恵を受けている「水」は、どこから来てどこへ行くのでしょうか。 「水の学校」は、くらしの中の身近な水循環、下水道の役割、 水に親しみ水を楽しむ知恵、そして世界規模の水課題、 地球全体の水循環まで、水をとりまくさまざまなテーマをとりあげ、 楽しみながら考えを深め、行動へつなげる講座です。 もっと水を知ることで、地域や地球の新しい姿をいっしょに見つけましょう!
講 師:白汚 零 氏 下水道、水道管や鍾乳洞等を撮影し続ける写真家。高知県生まれ。東京写真専門学校卒業後、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(ニュー ヨーク)に全額費奨学生として入学。芸術学士号(BFA)取得。ヘリオギャラリー(ニューヨーク)主催国際写真コンペティション最優 秀賞受賞。帰国後フリーランスカメラマンとなる。富士フォトサロン新人賞受賞。上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞。写真集に「地 下水道」「胎内都市」がある。

時間 13:30~16:00(開場13:00) 会場 武蔵野クリーンセンター 管理棟 見学者ホール (武蔵野市緑町3-1-5、市役所北隣) 定員 90名(当日先着順)

下水道写真家 白汚零氏の作品撮影エピソードを通し、 普段目にする機会がない下水道の世界を紹介します。市 からは地域と共に取り組んでいるまちなかの臭気対策の お話をします。

【問合せ】武蔵野市環境部下水道課水循環推進係「水の学校」担当
℡0422-60-1867 fax0422-51-9197
Email SEC-GESUIDOU@city.musashino.lg.j



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 世界を驚かせた明治の超絶技巧 
奥のみず道22
帝室技芸員最晩年の作品は、謎の彫金花器

tennjishitsu.jpg
右端燃土燃水献上図花容器。 京都清水三年坂美術館展示室にて。

日本シーリング材工業会(略称・日シ工機関誌「& SEALANT」(年4回発行)の2013年12月10日発行NO.83から、「奥のみず道」シリーズが始まりました。
狙いは、屋根と雨仕舞のウェブマガジン「ルーフネット」編集長が全国をブラブラしながら、古の人達が防水や雨仕舞にどう取り組んできたか、また著名建築における防水・雨仕舞という視点で、防水やシールのルーツを探ったりヒントや知恵を見つけたりといった内容を目指しました。
№106(2019年9月15日発行)の掲載記事を転載させていただきます

左右800 みず道22の1
左右800 22no2 秀鏡



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
八坂の疫神社 
厄除(やくよけ)け粽(ちまき)の起源




O7250252.jpg
八坂神社の摂社である疫神社(えきじんじゃ)の祭神は蘇民将来(そみんしょうらい)
祇園祭に合わせて 屋根改修が行われた。
疫神社 屋根O7250243
何とか間に合った銅板屋根の葺き替え。

祇園祭の行われる7月には社頭や各山鉾では「蘇民将来子孫也」と記した「厄除粽(ちまき)」が授与される。7月31日には「疫神社」で「夏越祭」が行われ「茅之輪守」が授与される。
八坂西門
八坂神社西門


粽DSC07256

むかし、ある所に二人の兄弟がいました。兄の名は「蘇民将来(そみんしょうらい)」、弟の名は「巨旦将来(こたんしょうらい)」。
ある晩、武塔神(むとうしん)という神が一夜の宿を求めました。兄の蘇民将来は「貧しく」、弟の巨旦将来は「裕福」だったのにも関わらず弟は断り、兄は貧しいながらも、精いっぱいおもてなしをしました。
武塔神は、「我は素戔嗚尊(スサノオノミコト)、蘇民将来の子孫だと言い茅の輪を腰の上につけていれば、
後世に疫病あれど蘇民将来の子孫は免れるであろう」
と教え、弟の将来一族をことごとく滅ぼした。そんな由来から、人が通れるくらいの大きな茅の輪を潜って無病息災を祈るようになり、祇園祭のちまきでも「蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」という文字が使われるようになりました。


7月31日 10:00
蘇民将来を祭る「疫神社」の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、又「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。なんだか一番効きそうですね。でももっといいのは、蘇民将来になることでしょうか。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

yanenikki
令和元年 9月14日 本日十五夜

bou
201909140049 望



京都駅の屋根
P2210723.jpg

京都駅の屋根yane P2210718

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
R1年1Q建築物リフォーム・リニューアル調査報告
(令和元年度第1四半期受注分)

みず
写真は記事とは関係がありません


国交省総合政策局 建設経済統計調査室は令和1年9月10日,令和元年第1四半期 (4~6月) の築物リフォーム・リニューアル工事の受注高と内訳を発表した。

国土交通省では、建築物のリフォーム・リニューアル工事の市場規模及び動向の把握を 目的として、平成20年度より、建築物リフォーム・リニューアル調査を実施している。 このたび、令和元年度第1四半期に元請けとして受注した建築物リフォーム・リュー アル工事について、建設業許可業者5,000 者に対し調査を実施し、結果を取りまとめ発表した。なお、平成30 年度調査より調査実施周期及び公表周期を従前の半期毎から四半期毎に変更している。

これによると、 令和元年度第1四半期の建築物リォーム・リニューアル工事の受注高の合計は、 3 兆1,537億円 (対前年同期比 13.1%増)うち、住宅に係る工事は、8,272 億円 ( 同 3.2%増)非住宅建築物に係る工事は、2 兆3,265億円 (同 17.0%増) となった。

主な数字を以下に示す。
詳細は
http://www.mlit.go.jp/common/001307130.pdf

daiichi 四半期


工事種別表



受注高推移




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
北陸大会初日 防水・雨仕舞の発表より
2019年9月3日の発表の一部(敬称略)

内藤 O9030157 (2)
防水アーカイブズに関する研究その10 霞が関ビルのメンブレン防水の概要 : 内藤龍夫(マサル)

発表西村O9030082 (2)
ウレタン塗膜防水層におけるトップコートひび割れ部近傍の防水層の損傷調査:西村岳志(日防技研)

発表渡辺O9030097 (2)
ウレタンゴム系塗膜防水立ち上がり部の膜厚管理 その1 アンケート調査 : 渡辺光(レオン工業)

」矢内飯島O9030099 (2)
防水アーカイブズに関する研究その12 都市再生機構(旧日本住宅公団)の防水仕様類の変遷と防水保証について : 矢内康弘(矢内建築研究所)

石川O9030145
平板系屋根葺き材の縦重ね間隙内への雨水侵入距離について : 石川廣三(東海大学)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
土砂降りの中のライトアップ
尾山神社神門
enikki 448雨の神門 O9040234 (2)
201909041900。尾山神社神門。 金沢は雨の町。夕刻、突然雷鳴が轟き、土砂降り。 家族連れや若い観光客がキャーキャー叫びながら走っていく。尾山神社がライトアップされていることを思い出し、防水レンズに付け替えて、南町に向かう。残念ながら、着いた頃は小降りになっていたが、路面の反射はきれいだ。第3層に四面五彩のステンドグラス(ギヤマンと言われている)張り。御神灯が点灯され、日本海を航行する船から見えたそうだ。
448雨の拝殿 O9040230 (2)
尾山神社拝殿

絵日記用全景O9020257
昼間の尾山神社神門。屋根も壁面も銅板。国指定重要文化財。明治8年建築。和漢洋の三洋式を混用した異色の門。斬新なデザインに対して、建設当時は反対意見も出た。屋根に据えられている避雷針は日本最古のもの

448尾山拝殿右側に生息するの蛙O9020135 (2)
拝殿南側に生息する金の蛙。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です