(旧 「防水屋台村」建設中)
草葺き屋根と建築再生
はたすすき 雄花逆葺き 黒木もて 造れる室は 萬代までも

20150929-2[1]

茅葺き・民家研究の第一人者である筑波大学安藤邦廣名誉教授に「建築再生の展示会で茅葺きに関してパネル展示するとしたら、何がいいでしょう?」と相談した。その時「この言葉を大きく書いて、貼っておけばいいね」と言われた。


歌の意味を尋ねると「万葉集に収められた歌で、「はたすすき」と「雄花」はいずれもススキのことである。「黒木」とは皮付きの丸太のことで、「逆葺き」は茅の穂先を下に向けた葺き方である。耐久性には乏しいが、施工が容易で、薄く葺いても雨漏りしにくいのが特徴。 丸太を骨組みにして屋根にはススキを逆葺きにしたような素朴な小屋を好ましいものとして歌ったと思う」 とおっしゃる。「焼き畑で始まった縄文時代の農耕は、稲作の伝来と耕作方法の改良につれ、ススキやヨシなどの草原が、生活を支える里山として拡大する。農耕における草の利用は家の屋根を葺くことで加速する。刈った草を屋根に葺き、囲炉裏のすすを吸った古茅を肥料とするという草の循環が成立するのです」と教えていただいた。

屋根に葺かれた草は、雨仕舞だけでなく大事な大事な肥料生産工場にもなっているわけだ。
さらに屋根部材としての循環として
「茅葺き屋根で最も傷みやすいのは棟で、北側も持ちが悪い。材料調達の点から、茅葺屋根の吹き替えは分割して行うことが多い。傷みのひどい部分のみを挿し茅で差し替え、全体として部材が少しずつ新陳代謝する仕組みになっている」。 という視点も指摘された。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
 熱アス防水用 新型電気熔解釜
アスファルト電気溶融機「エコドリッパー」

日新電気釜 DSCF2166



総合防水メーカー日新工業株式会社は、アスファルト電気溶融機「エコドリッパー」を開発、3月1日より、日本アスファルト防水工業協同組合向けリースを開始した。
同品は日本アス防水組合専売品の環境対応型アスファルト、NETIS登録製品のシグマートE、JIS K 2207認証品のシグマートEL専用の電機溶融機。火気を全く使用せず電気により溶融することで、今までの熱アスファルト防水を行う際に問題となっていた点を大幅に改善し、環境にも配慮している。

主な特長は以下のとおり。
・従来の火気を使用する溶融釜に比べ、軽量、小型で搬入や移動が容易。
・火気を全く使用しない、電気による溶融である。
・溶融温度は予め最適な温度に設定されているため、電源スイッチを入れるだけで常に一定温度のアスファルトが供給でき、シグマートE、シグマートELとの併用で、より一層臭い・煙の発生量が抑えられている。
・内部に設置されたタンク内のアスファルト量はコントロールパネルの容量表示ランプで把握しやすい。
・急な雨等から電気溶融機を守るための耐熱性の雨養生シートを備えている。
・必要な量だけのアスファルトを溶融することが可能である。

【仕様】
高さ900mm(ガイド開け時 1200mm)、奥行き800mm、幅700mm
重さ130kg(アスファルト無しの状態)
タンク容量41.5L


インタビュー「新型電気熔解釜は熱アス環境対策の決め手になるか」 は次号で。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
toiphoto
宝安寺の竪樋
水鉢に落ちる雨
コンクリート製水鉢に落ちる雨、

竪樋と水鉢
竪樋と水鉢。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RNY 338 発電する床

建物の再生を支えるトライボロジー技術⑦
摩擦を利用して発電する


katto P3190011
トライボロジーとは「摩擦や摩耗を制御し、利用する技術」である。


「トライボロジー」とは摩擦を大きく、または小さく制御して、モノを滑らかに動かす技術である。建築との関わりでは、免振や曳家のほか、床の滑りや壁面の汚れの問題なども重要だ。屋根の分野では、先人たちは雨水の挙動を経験的に理解しながら屋根材の素材選び、固定方法、勾配などに生かし、屋根づくりの知恵を伝えてきた。
「屋根、防水、雨仕舞」をキーワードとする「ルーフネット」でも、このトライボロジーは取り上げたい分野でありながら、先送りになっていた。技術情報誌およびポータルサイト『ベアリング&モーション・テック』の編集長である橋浦克彰氏が、建築リフォーム&リニューアル技術誌に「建物の再生を支えるトライボロジ―技術」の執筆を開始した。今回は「摩擦を利用した発電する~建物の再生を支えるトライボロジー技術⑦」を報告していたので、これを紹介させていただく。(テツアド―出版、月刊「リフォーム」2017年3月号転載)
20とら7-1

20とら7-2

20虎7-3
>

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
都心の工事の楽しみ
露になった横顔 銀座2丁目

露になった横顔R0140563
隠れていた側面。
銀座のビルは「うなぎの寝床」のようだ。 普段その側面は全く見えないが、 近隣の建て替え工事の時だけ、姿を現す。

驚きの薄さ
驚きの薄さ。この薄さ。 手前のビルの解体がなければ誰も気づかなかっただろう。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RNY337 保存か建て替えか 中銀カプセルタワービル ⑤
黒川紀章と「水コンペ」の話し

448ha-pu P1040588
保存か建て替えか、で紛糾する世界的に著名な中銀カプセルタワービルの連載が、月刊「リフォーム」2016年10月号から、始まった。本コーナーでは、その記事を順次転載している。今回はその5回目。

DSC01181.jpg
東京・銀座名建築を保存するためのトークイベントが行われた「銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)


7tsuno houhou
トークイベントで「そのための7つの方法」を語る、中銀カプセルタワー保存・再生プロジェクトの前田達之代表。



昨年の水コンペ
昨年の「水コンペ」表彰式パーティーでの講評。


カプセルP3160010
2017年月刊「リフォーム」3月号より




EPSON035 - コピー

205-2.jpg

5-3.jpg

20-4.jpg

205-5.jpg


第1回 建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」
5/18(木)13:30~17時
東京・建築会館ホールで

ドローン軍艦島
ドローンで撮影した軍艦島65号棟(写真・宮内博之氏)

5/18(木)13:30~17時 に、以下のとおり第1回建築ドローンシンポジウムが開催される。
今後,大規模修繕か部分修繕かの大まかな判断に、ドローンの活用が期待されている。当日は、建物劣化調査に関わる国の動向、点検調査事例、技能、海外事例等が紹介される予定。


第1回 建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」 建築物の維持保全の合理化を図る一つの手段として、UAV(以下、ドローン)技術の利活用に着目し、建築分野に係るドローンの技術情報の収集、建築物の点検・調査技術、そして建築分野でドローンを安全に活用するためのガイドライン等について検討している。一方で、ドローン産業は未だ黎明期であり、建築分野でのドローンの活用を促進させるためには、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、今回、「建築×ドローン2017」のシンポジウムを企画した。本シンポジウムでは、ドローンにおける国交省の動向、本 WG の活動内容、安全飛行と技能、建築物の点検・調査事例、海外のドローン技術等の最新情報を通して、建築分野におけるドローンの活用の可能性を見出すきっかけとなることを期待する。

主 催 材料施工委員会 耐久・保全運営委員会
後援予定 日本建築仕上学会、ミニサーベイヤーコンソーシアム
日 時 2017 年 5 月 18 日(木)13:30~17:00
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)

<プログラム> (敬称略)
司会:兼松学(東京理科大学)
1.主旨説明 宮内博之(建築研究所)
2.ドローンに関わる国交省(建築分野)の動向 眞方山美穂(国土技術政策総合研究所)
3.UAV を活用した建築保全技術開発 WG の活動報告 宮内博之(前掲)
4.ドローンを活用したインフラ点検調査事例 石田敦則(三信建材工業)
5.ドローンを活用した建物外壁点検調査事例 大場喜和(ERI ソリューション)
6.ドローンを活用した建築外壁タイル仕上げ調査事例
  河辺伸二(名古屋工業大)、渡辺正雄・中島圭二(コンクリート技術支援機構)
7.構造被害調査へのドローンの活用 楠浩一(東京大学)
8.海外におけるドローン最新技術動向 石田晃啓(三信建材工業)
9.ドローンの飛行安全と操縦技能について
  酒井学雄(ミニサーベイヤーコンソーシアム/スカイスコープソリューションズ)
10.まとめ 鹿毛忠継(国土技術政策総合研究所)

定 員:150 名
参加費:会員 4,000 円 会員外 6,000 円 学生 2,000 円
Web 申込み https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=1765



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会