fc2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
魔除け厄除けのスーパースター
晴明神社(その1)

表紙 晴明神社

表紙せつめい晴明神社


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら

吉田神社・大元宮(その1)
吉田神道と大元宮の屋根

448大源宮P7070200

大元宮P7070215



800吉田神社大元宮 表紙説明 クロ90 (1)

一社・日本金属屋根協会「施工と管理」2021年9月号の表紙です。
90の表紙は大元宮 DSC02986
2021年 北野 ずいき祭
ずいき葺きの神輿、2021年も(御旅所で)ステイホーム

bずいきみこし北の御旅所 (2)


稲わら、麦わら、ススキ、茅、ササはもちろん、世界にはヤシやバナナ、海藻葺きまでだってある。 要は身近な素材で雨をしのぐのが、屋根の原点だ。だから里芋農家にとっては、その茎であるズイキで葺くのも不思議?ではない。とはいってもこれは家の屋根ではなく神輿の屋根。

京都の北野天満宮で秋の豊作に感謝をささげる「ずいき祭」が10月1日始まった。
北野天満宮の「ずいき祭」は、秋の豊作への感謝をささげる行事で、毎年、サトイモの茎の「ずいき」で屋根をふき、野菜や果物で飾りつけた「ずいきみこし」が町なかを練り歩く。コロナ禍の影響で、練り歩きは中止となりましたが、神輿の方は、10月1日例年通り西之京瑞饋神輿保存会の手でにつくられた。瑞饋神輿は4日まで御旅所に展示される。
その写真と保存会による絵葉書を上七軒・お初の田中左千夫さんが送ってくれた。



bずいきみこし北の御旅所 (1)

五穀豊穣を感謝する北野天満宮の秋の例大祭。平安時代後期から記録に残る古い祭礼。4日の還幸祭(かんこうさい)には、天満宮の神輿や、西の京七保神人(ななほじにん)がずいき(芋の茎)などの野菜で作ったずいき神輿が上七軒通を通って天満宮東門に入る。上七軒の茶屋には祭りの提灯や幕が張られ、芸妓舞妓が総出でこの行列を出迎える。数十年前までは、茶屋も格子を取り外し中から眺めていたが、その風情はなくなった。
(上七軒お初の向かいの有職菓子御進所・老松主人大田達氏ら、による「京の花街」より)


bずいきまつい絵葉書 PF000008
保存会が制作した絵葉書(写真:西村豊さん)。

通常なら、4日の午後に巡行し、上七軒の芸舞妓らが花を添える。
bげいまいこ

京の花街PA100699

「京の花街~ひと・わざ・まち」2009年4月日本評論社刊 1900円)
京都の花街を初めて総合的に描いた好書。文化の伝承・景観保存に花街がいかに重要な役割を果たしてきたかがわかる。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら
「施工と管理」銅屋根クロニクル-90-白峯神宮(京都)
日本三大怨霊の筆頭・崇徳院を祀る蹴鞠の神社

白峯神宮 O7060172

448蹴鞠の碑
kuro90 白峯見開き


800-90-1.jpg

800-90-2.jpg

・・・・
なおこの号の表紙は吉田神社大元宮でした。(後日紹介予定)
90の表紙は大元宮 DSC02986




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら







2021年日本建築学会 オンライン大会(RNY)
2012年9月7日、日本建築学会大会(東海)が名古屋工業大学およびオンライン会場で、始まった。9月10日までの4日間、研究発表、PD,研究協議会などが行われれる。


2021大会WEB
初日の9月7日は、メンブレン防水、シーリングなどの発表。防水アーカイブWGは、JWMAの協力を得て、同会議室をスタジオとして5題を発表した。写真は、飯島義仁・関原克章氏が、1905年以後の近代防水において,他に類を見ないハイグレードの防水が施工された「大石寺正本堂の防水・シーリングに関して詳細報告した。

2021大会JWMA会場


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ルーフネットが注目した防水・雨仕舞・ドローン関係の主な発表は以下の通り

☆メンブレン防水(10:50 ~ 11:35) 司会:石原沙織・添田智美

1426 ウレタンゴム系塗膜防水のコンシステンシー評価方法の検
討 ○法身祐治(長谷工コーポレーション)・石原沙織・
廣瀬隆行・中島由美子・田中享二 (851)

1427 動的粘弾性による塗膜のひび割れ追従性の評価
○藤井大輔(鹿島建設)・澤田瑞恵・和田環 (853)

1428 ポリマーセメントペーストを用いたシート防水構法に関する
研究 第 7 報 施工実験によるセメントペースト塗布量
の影響の確認(その 1 実験概要および塗布量の測定結
果) ○名島友基(浅野工学専門学校)・輿石直幸・
伊藤夏美・山口拓馬・魚谷昭太・
前田悟郎・沖吉勇二 (855)

1429 ポリマーセメントペーストを用いたシート防水構法に関する
研究 第 8 報 施工実験によるセメントペースト塗布量
の影響の確認(その 2 ペースト厚さの均一性)
○伊藤夏美(日本ヒューム)・輿石直幸・名島友基・
山口拓馬・魚谷昭太・前田悟郎・沖吉勇二 (857)

1430 ポリマーセメントペーストを用いたシート防水構法に関する
研究 第 9 報 施工実験によるセメントペースト塗布量
の影響の確認(その 3 接着性)
○山口拓馬(アサノコンクリート)・輿石直幸・
名島友基・伊藤夏美・魚谷昭太・
前田悟郎・沖吉勇二 (859)

1431 ポリマーセメントペーストを用いたシート防水構法に関する
研究 第 10 報 施工実験によるセメントペースト塗布量
の影響(その 4 水密性)
○魚谷昭太(早稲田大)・輿石直幸・名島友基・
伊藤夏美・山口拓馬・前田悟郎・沖吉勇二 (861)

1432 寒冷地防水の調査研究 その 1 積雪寒冷地の防水技術の
現状 ○内山理(日本防水総業)・田中享二 (863)

1433 寒冷地防水の調査研究 その 2 今後の課題
○田中享二(東京工業大) (865)

1434 我が国の建築地下防水の現状と問題点 その 6 建築地下
外防水先やり工法の貫通部評価法
○岡本肇(竹中工務店)・山中勇人・前田悟郎・
森上恒・佐藤公仁・池上篤・宍倉大貴 (867)


☆シーリング材・ガスケット(11:55 ~ 12:35) 司会:法身祐治・名取健太郎

1435 幅の狭い化粧目地を使用したひび割れ誘発目地の適用 そ
の 2 シーリング材の耐久性試験
○片岡弘安(大林組)・都築正則・森田敦・神代泰道 (869)

1436 シーリング材による石目地汚染の評価・予測方法に関する
研究 その 3 屋内暴露 10 年後の試験結果と促進試験
結果および可塑剤浸透試験結果との関係
○添田智美(フジタ)・伊藤彰彦・山田人司・宮内博之 (871)

1437 高耐候性外装材に対する各種シーリング材の接着耐久性
その 3 促進暴露試験結果
○秋山潤(オート化学工業)・國岡千裕・奥田章子 (873)

1438 金属パネル外壁のシーリング目地挙動の解析
○道信貴雄(カネカ)・中島亨・野口修 (875)

1439 劣化外力を指標としたシーリング材の耐候性評価に関する
研究 ○和田環(鹿島建設)・藤井大輔・澤田瑞恵 (877)

1440 紫外線と目地ムーブメントの同時複合劣化環境下における
シーリング材の劣化評価 その 2 目地変形量に対するシーリング材の損傷状態の観察結果
○三浦尚文(オート化学工業)・宮内博之 (879)

1441 BGA002 セッティングブロック 改定の際の検討結果報告
○棚原守(建築ガスケット工業会)・青木一夫・庵真砂代・大塚徹・大西啓太・大橋賢司・
小尾直哉・田中彰・松永正美・村上太一郎 (881)

1442 3D プリンタによる建築用ガスケットの造形品評価の研究
その 2 既存の押出成形製品と 3D プリンタ設計製造品の比較検討
○田鍋史生(ホッティーポリマー)・青木一夫 (883)


☆ドレン・防水アーカイブズ(13:30 ~ 14:00) 司会:岡本肇・棚原守

1443 改修用鉛ドレンの腐食原因の考察
○小川彩子(山装)・廣瀬隆行・田中享二 (885)

1444 防水アーカイブズに関する研究 その 1 大石寺の防水施
工に関する資料収集とアーカイブズとしての意義
○寺内伸(建築ガスケット工業会)・飯島義仁・関原克章・中沢裕二・野口修・
松尾隆士・田中享二 (887)

1445 防水アーカイブズに関する研究 その 2 大石寺正本堂に
用いられた防水層の詳細と考察
○関原克章(日本防水材料協会)・寺内伸・中沢裕二・松尾隆士・田中享二 (889)

1446 防水アーカイブズに関する研究 その 3 大石寺正本堂の
シーリング工事
○飯島義仁(日本シーリング材工業会)・野口修・寺内伸・松尾隆士・田中享二 (891)

1447 防水アーカイブズに関する研究 霞が関ビル設備階の防水
層の仕様と納まり
○内藤龍夫(マサル)・名取健太郎・諸橋由里奈・松尾隆士・田中享二 (893)

1448 防水アーカイブズに関する研究 霞が関ビル設備階の防水
層の調査と補修
○名取健太郎(マサル)・内藤龍夫・勝又健・松尾隆士・田中享二 (895)
耐久性・劣化予測(14:20 ~ 15:10) 司会:和田環・万字角英


☆屋根,外壁 (1)(15:30 ~ 16:15) 司会:井原健史・清原千鶴

1459 環境側面からみた外装材料の性能評価に関する研究 その2 屋根材料のアンケート調査
○西尾菜歩子(名城大)・道正泰弘 (917)

1460 野地板の吸水・乾燥履歴が釘引き抜き耐力に及ぼす影響
○石原沙織(千葉工業大)・石川廣三・江原正也 (919)

1461 屋上緑化用竹炭混合土壌の含水率変化と繰り返しの雨水排
水特性 ○篠崎正利(蔵前バイオエネルギー)・石原沙織 (921)

1462 高日射反射率塗料を施工した折板屋根の経年変化 その 1
経過期間約 1 年半の結果
○市川菜奈絵(戸田建設)・栗木茂・田村昌隆 (923)


1464 RC 構造物に生じた貫通ひび割れと非貫通ひび割れの開閉
挙動の比較
○横山右京(広島大)・大久保孝昭・寺本篤史 (927)

1465 コンクリートの中性化に及ぼす建築用仕上塗材の効果に関
する研究 その 3 CO2 透過試験
○劉梓良(明治大)・小山明男 (929)


1467 外壁複合改修工法のタイル直張り仕上げ外壁に対する要求
性能 その 2 実験計画
○下屋敷朋千(ベターリビング) (933)

☆外壁 (2),断熱材ほか(16:35 ~ 17:20) 司会:下屋敷朋千・酒井正樹

1468 有機系接着剤による外装タイル張り工法 実建物での 30
年経過後調査
○川口裕也(コニシ)・小倉寛之・中島亨・山下浩平 (935)

1469 タイル仕上げの目地強度と剥離性状に関する研究 その 1
浮きタイル目地の剥離性状定量化手法
○佐々木聡(東京都立大)・橘高義典・國枝陽一郎 (937)

1470 タイル仕上げの目地強度と剥離性状に関する研究 その 2
浮きタイル目地の剥離性状に関する解析手法の検討
○矢島わかな(東京都立大)・佐々木聡・
橘高義典・國枝陽一郎 (939)

1471 浸水害を想定した建築用断熱材の乾燥速度分析
○和田健四郎(宇都宮大)・藤本郷史 (941)

1472 発泡プラスチック系断熱材の恒温恒湿条件での長期継続に
よる平衡含水率と窒素/水蒸気吸着の関係及び水分飽和
度評価 ○任裕彬(北海道大)・北垣亮馬 (943)

1473 シリカエアロゲルを用いた外装システムに関する研究 そ
の 1 シリカエアロゲル層の透光性の制御
○井原健史(竹中工務店)・大庭慶義・山本正人・
杉田敬太郎・儀部真二・中島奈央子 (945)

1474 シリカエアロゲルを用いた外装システムに関する研究 そ
の 2 ゲル層の沈降について
○大庭慶義(竹中工務店)・井原健史・山本正人・
杉田敬太郎・儀部真二・中島奈央子 (947)


☆維持保全:ドローン(15:40 ~ 16:35) 司会:福山智子・西脇智哉

1530 ドローンの利用周波数帯における建設機械稼働時の電波環
境の調査 ○板野遥(名古屋工業大)・河辺伸二・
渡辺正雄・伊藤洋介 (1059)

1531 建物の各種点検におけるドローン活用の優位性の検証
○冨沢彰之(建装工業)・宮内博之・有木克良・
福田眞太郎・田沼毅彦・酒井学雄・
中野谷昌司・佐藤聡・
舘林匠・兼松学 (1061)

1532 赤外線カメラが搭載された小型 UAV の有効性に関する実
験的研究 ○朴相俊(金城学院大) (1063)

1533 自律飛行型ドローンによる火力発電所煙突内部点検の効率
化 ○森井祐介(関西電力)・石黒晃子 (1065)

1534 ドローンによる建物点検調査を支援する MR 技術の開発
その 2 Visual SLAM によるドローンの自己位置推定精
度の検証 ○井戸田和也(西武建設)・宮内博之・
二村憲太郎・柏木雄平 (1067)

1535 屋内狭所空間におけるマイクロドローンの活用と課題に関
する調査 ○宮内博之(建築研究所) (1069)

1536 ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術
開発 その 1 全体計画
○眞方山美穂(国土技術政策総合研究所)・宮内博之・
奥出稔・塩澤大輝・北岡弘・佐藤大輔・宇田康・
二村憲太郎・阪上隆英・兼松学・本橋健司 (1071)
1537 ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術
開発 その 2 近接調査用ドローンシステムの開発
○北岡弘(日本建築ドローン協会)・二村憲太郎・
宮内博之・宇田康・佐藤大輔・奥出稔・
眞方山美穂・塩澤大輝・阪上隆英・
兼松学・本橋健司 (1073)

1538 ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術
開発 その 3 赤外線装置開発
○宇田康(日本アビオニクス)・阪上隆英・塩澤大輝・
佐藤大輔・北岡弘・奥出稔・眞方山美穂・
宮内博之・兼松学・本橋健司・
二村憲太郎 (1075)

1539 ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術
開発 その 4 赤外線開発機の性能確認実験
○佐藤大輔(コンステック)・阪上隆英・塩澤大輝・
宇田康・北岡弘・奥出稔・眞方山美穂・
宮内博之・兼松学・本橋健司・
二村憲太郎 (1077)

1540 ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術
開発 その 5 開発機を用いた実証実験
○奥出稔(日本建築防災協会)・眞方山美穂・宮内博之・
佐藤大輔・塩澤大輝・宇田康・北岡弘・二村憲太郎・
阪上隆英・兼松学・本橋健司 (1079)


☆維持保全:調査・診断 (1)(16:55 ~ 17:30) 司会:西脇智哉・福山智子

1542 折板屋根における非接触常時微動測定を用いた劣化度評価
試験 ○宮本大雅(東日本旅客鉄道)・高舘智紀 (1083)

1544 マンションの老朽化認定に関する検討 その 1 評価方法基
準(案)
○鹿毛忠継(建築研究所)・土屋直子・三島直生・
松沢晃一・中田清史・棚野博之・阿部道彦・
彦坂信之・井川倫宏・横山博 (1087)

1545 マンションの老朽化認定に関する検討 その2 目視による
評価
○彦坂信之(建築研究振興協会)・土屋直子・三島直生・
鹿毛忠継・松沢晃一・中田清史・棚野博之・
阿部道彦・井川倫宏・横山博 (1089)


1552 非接触振動測定による建築仕上げ材の検査に関する研究
○大寺雄也(JR 東日本ビルテック)・
菅井征樹・中込英樹・池辺健志 (1103)

1556 外装木材の経年変化に関する研究 その 2 屋外暴露試験
による外観変化の経過観察
○山本唯人(芝浦工業大)・坂田海翔・
福田眞太郎・古賀純子 (1111)

1578 複合改修構工法で改修された RC 造建築物外壁の再改修工
事仕様選定のための劣化調査・診断手法に関する研究
その 2 試験体を用いた調査手法の検証実験(非破壊調
査)
○根本かおり(国土技術政策総合研究所)・土屋直子・
三島直生・脇山善夫・眞方山美穂・本橋健司 (1155)


☆その他
・・・・・・・・・・・・・
5267 演劇空間における舞台装置と役者の動きが創出する空間特
性 ○大貫友瑞(東京藝術大)・郷田桃代・櫻井雄大 (553)

8118 分譲マンションにおける専有部分および共有部分の各改修
工事の実態 築後年傾向及び工事内容別発生概要の分
析 ○桒原千朗(野村不動産パートナーズ)・
宇治康直・秋山哲一 (235)

8121 共用施設の経年変化に着目した分譲マンションの管理運営
方式のあり方に関する研究
○坂本菜々子(梓設計)・角田誠・松本真澄 (241)

8122 マンションの購入者が知覚する経年減価の DD 分析
○小松広明(明海大) (243)
改修・リノベーション・転用(10:35 ~ 11:20) 司会:山根聡子・佐藤由美

8123 分譲マンションにおける住戸リフォームに関するコントロー
ルの研究 ○平田陽子(大阪市立大)・山根聡子 (245)

8124 建物竣工年代別にみる集合住宅リノベーション内容の変化
に関する分析 ○齋藤紅寧(インテリックス空間設計)・
平田京子・石川孝重 (247)


☆歴史・意匠

9006 大倉集古館の保存再生 その 8 現行建築基準法適合
○茂木真幸(大成建設)・藤原稔・
田部井直哉・杉江夏呼

9008 東欧の茅葺き技術-カルパティア地方を中心に- -ウクライナ木造教会堂群保存手法の構築-日欧校倉造修理工
法の比較研究 その 4
○日塔和彦(フリーランス)・上北恭史・花里利一・
藤田香織・マルティネスアレハンドロ (15)

9044 閑谷学校における雨水の流れによる場所の現れについて
閑谷学校の環境技術に関する研究 2

○向山徹(岡山県立大)・河田智成

9068 現代日本建築における各専門分野の建築観‐キーワードか
らみた各専門分野の視点とその比較 ‐
○浅野樹(安井建築設計事務所)・山田深 (135)

9195 雑誌『新建築』における「多目的」という用語の使われ方
に関する研究 ○中上雄太郎(九州工業大)・石塚直登 (389)

9343 南極建築の意義と南極大陸の空間性の変遷に関する考察
○森田錬(早稲田大)・小岩正樹 (685)

9439 近世民家における屋根勾配 近世民家における寸法研究
その 4 ○坂井禎介(文化財建造物保存技術協会) (877)

9452 勧進能興行場の仮設性と芝居小屋・能楽堂との関係性
○栗原優季(日本女子大)・是澤紀子 (903)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2021 年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日。

ウレタン防水材出荷量 2021年前期
前年比102.7% の 12,629トン
NUK日本ウレタン建材工業会


600推移

448〇用途別前期出荷量1~6 (2)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。
建築雑誌連載「動いている建築17」に中銀カプセル
カプセル数は140。それぞれのスタイル


PF000764.jpg
保存・再生プロジェクト前田代表がそのうち4件の室内を紹介している。


メタボリズムの代表建築として世界的に人気にある中銀カプセルタワ―ビル(黒川紀章設計)は、」2021年3月の臨時総会で敷地の売却が決議され、住民の退去が始まっている。
中銀カプセルタワービルに関しては、本サイトで詳細に報告している。
>>>>保存か建て替えか 中銀カプセルタワービル

日本建築学会の機関誌「建築雑誌」2021年8月号に、連載記事「動いている建築」のNo.17に、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表の前田達之氏が、①1972年竣工当時のオリジナルを残すカプセル、②現代的にアレンジされた・無印カプセル、③汐留の眺望を楽しむ・丸窓ソファカプセル、④和の空間に改修された・茶室カプセルのを4点紹介している。


20170514-2.jpg



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2021 年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日。