FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
あそびくさ(遊び種)まく(蒔く)旅 
鶴川の茅葺ギャラリーで

y448かきくらしP5250069

可喜くらし・連続講演サロン
第5期 第1回 2019年 6月8日(土)14:00-16:00 東京・鶴川 「可喜庵(かきあん)」
講師:タルディッツ・マニュエル Tardits Manuel ・ 建築家/みかんぐみ共同代表
テーマ:「行き・生き」


「私は生まれてからいつも、多くの旅を続けてきた。生後6ヶ月でカメルーン(アフリカ)行きに始まり、そして幾年かの後、日本への長い道程へと続くこととなった。旅することは、単に違う土地に行くということではない。それは固有性への問いかけである:その場所性であることはもちろんのこと、文化的、そして人間性における固有性を求めることである。」 Tardits Manuel

文化、教育、商業、住宅と幅広い分野の建築と愛されるデザインで知られる ”みかんぐみ”のタルディッツ氏が「行き・生き」とした旅と人生」を語る。

◆タルディッツ・マニュエル (Tardits Manuel) 1959年パリ生まれ。
建築家 ・ みかんぐみ共同代表/明治大学特任教授。
1982-1984ボザール国立学校アトリエ・セザール(彫刻)師事。1984 フランス建築学校UPA 1卒業。1988 東京大学大学院修士課程修了。1988〜1992 東京大学大学院博士課程。 2005〜2015 ICSカレッジオブア−ツ副校長 。 2006 フランス国芸術文化勲章(シュバリエ)受勲。 2013〜 明治大学特認教授。主要作品:NHK長野放送会館、フランス大使公邸再生、愛知万博トヨタ館、愛知万博フランス館、mAAch ecute神田万世橋再生、フランス国立極東学院・京都支部等。主要著作:−団地再生計画(Inax出版)、東京断層(鹿島出版)、日本・家の列島(鹿島出版)等。
茅葺きタワー
2012年の作品。「下条茅葺きの塔」。 JR飯山線下条駅の11メートルの茅葺きタワー。

<企画協力は高月純子氏>
〈趣旨〉  可喜くらし(かきくらし)は、幕末に建てられた 住いの素形の空間「可喜庵」で、無心に喜びや発見を分け合い「可喜」の輪を繋げることを目指しています。環境、建築、芸術の第一線にいる講師から『旅』をテーマに心に残った徒然なる語りを聞きます。
5年目/ 第五期のテーマは『あそびくさまく旅』です。「遊び種」は、遊び相手や遊びの材料のこと。「種」は「くさ」と読み「あそびぐさ」です。「遊び」はもともと、神や魂を楽しませるものを表し、楽器を使って歌や舞を踊る「神楽」がそれを表します。さらに「遊び」は「足霊(あしひ)」を語源とし、人びとの助けとなる神のところに歩いて行って祭ることに由来します。子どもだけでなく大人も遊びの種を蒔き、眠っている力を醒まし育む旅と致します。『旅』とは日常から離れることでありながら、『戻る場所』を魅力ある新しさに立ちかえさせるものです。自然や大いなるものに「ひれふすことと立ちむかうこと」そのふたつの行為のあわいに生まれるものが、人間の生活の知恵、文化、造形であり、私たちはその絶対的な「小ささ」をいとおしく感じるのかもしれません。


申し込み kakian@suzuki-koumuten.co.jp (担当:畑野)
■日時:2019年6月8日(土)開場13:30 、講演14:00~16:00
■会場:可喜庵 (鈴木工務店敷地内)東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22
※小田急線「鶴川駅」北口徒歩8分
※駐車場なし
TEL : 042-735-5771  FAX: 042-735-3323
■参加費 :各回 / 一般2,000円 学生500円(ワンドリンク付)
■地図アクセス:https://www.suzuki-koumuten.co.jp/kakian/access
■定員 :30名

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY平成30 年度マンション総合調査
マンションへの永住意識 過去最高(6割超)に

国土交通省は、管理組合や区分所有者のマンション管理の実態を把握するための 調査を約5年に一度行っている。(前回調査は平成25年度) 。このほど住宅局市街地建築課マンション政策室が平成30年度調査の結果を発表した(平成31年4月26日)。

~~

調査対象者は全国のマンションの管理組合及び区分所有者 管理組合向け調査 区分所有者向け調査 アンケート配布数 4,200 件 8,400 件 有効回収数 1,688 件 3,211 件 回収率(%) 40.2% 38.2% 。

主な調査結果
(1)マンション居住の状況

1 永住意識 )

永住意識 ・・・マンション居住者の永住意識は高まっており、平成30年度調査において 「永住するつもり」が過去最高の 62.8%(前回調査より+10.4%)となった。
②世帯主の年齢 ・・・居住者の高齢化が進展し、70 歳代以上の割合は 22.2%(前回調査より+3.3%)と なった。なお、完成年次が古いマンションほど 70 歳代以上の割合は高くなってお り、昭和 54 年以前のマンションにおける 70 歳代以上の割合は 47.2%であった。
③賃貸戸数割合 ・・・賃貸住戸のあるマンションの割合は 74.7%(前回調査より-3.1%)となった。 なお、完成年次が古いマンションほど賃貸住戸のあるマンションの割合が高くな る傾向が見られた。
④空室戸数割合 ・・・空室があるマンションの割合は 37.3%(前回調査より-3.6%)となった。なお、 完成年次が古いマンションほど空室がある割合が高くなる傾向が見られた。



(2)マンション管理の状況

2 計画期間25年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金の設定

計画期間 25 年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金の設定割合 ・・・計画期間 25 年以上の長期修繕計画に基づいて修繕積立金の額を設定しているマ ンションの割合は 53.6%(前回調査より+7.6%)となった。
②修繕積立金の積立状況(新規調査項目) ・・・計画上の修繕積立金の積立額に対して現在の修繕積立金の積立額が不足してい るマンションの割合は 34.8%であり、計画に対して 20%超の不足となっている マンションの割合は 15.5%であった。


(3)管理組合運営の状況

3 外部専門家の理事会役員への選任

外部役員の選任意向理由(新規調査項目) ・・・外部専門家の理事会役員への選任について、「検討している」又は「必要となれ ば検討したい」としたマンションの割合は 28.3%であり、その理由として 「区分所有者の高齢化」や「役員のなり手不足」が多く挙げられた。

※ 本調査結果の詳細は、 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000058.html



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
6th ITCJAPAN
国際茅葺き会議 第6回 日本大会 (速報)

10会場全景O5180400

Y800 ITC 18to19

10 6th ITS dai1pou O5190254



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
Y800 ITC20to21
KOTOBA 「次世代シーリング防水技術の体系 」

「次世代シーリング防水技術の体系 」

田中顧問
中享二東京工業大学名誉教授

シーリング工事のうちどの程度が改修向け、なのかは、機関誌の &シーラントには書かれていないが、メンブレン防水の比率から想像すれば、半分程度が改修向けだと思う。
改修では、古いシーリング材を撤去して、新しいシールを打つのが基本になる。
数年前、 日経ビルダーズのシーリング改修特集に協力したとき、 担当記者から、取材の様子を聞いた。
すると、目地をきれいに清掃して施工する工事店と、適当な施工店がある。丁寧な工事店の人に感銘を受けた。と言っていた。

シーリング改修に関する研究は、建築学会の論文集ではほとんどない。新築や耐久性にフォーカスしていて、改修をどうするか、という議論はほとんどない。
考えるに、撤去して、新たに打ち換えることが改修か、というと、疑問を感じる。
例えばメンブレン防水の場合は、改修というと、既存防水層の撤去は少なく、半分以上がかぶせ工法で対応している。

シーリングは、昔は目地幅が12~15ミリ程度、と非常に狭く、漏水事故をよく起こしていた。
その後、ブリッジ工法でかぶせ、急場をしのいだ。 しかし、そうすると目地幅が広くなるので、デザイン上、嫌がられて、この工法は一時的なもので終わってしまった。

20年ほど前から、「これからは、建物は100年もたそう」、という掛け声をかけたら、少しずつ耐用年数が、増えてきた。シーリング材の場合、10年15年で、やり替えなけれなならないのだから、改修を前提とした、工法を考える時代に来ている。

それは「次世代シーリング防水技術の体系」、とでもいおうか。メンブレン防水の方では、数年前、次世代防水層として勉強した。そこには材料だけでは無理で、設計から始まって、施工の強力なサポートが必要である。 今までの改修では施工が頑張って支えていた。施工の判断一つで、その後のシールがうまくいくか、ダメになるかうまくいくかが左右されていた。

シーリング材工業会は仕上げ材料の分野では珍しく、国際派だ。その西寧な仕事ぶりは各国から高く評価されている。次世代型シーリング防水の体系を、また日本発信で、行ってほしい。世界のシーリング技術をリードするようなシーリング材工業会であってほしい。

(2019年4月24日、日本シーリング材工業会総会の来賓挨拶で)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
鶴ヶ城の赤瓦
鶴ヶ城


会津若松・鶴ヶ城
1384年葦名直盛が築城。1593年蒲生氏郷が7層天守閣を完成させ、鶴ヶ城と命名。戊辰戦争で一ヶ月の激戦が繰り広げられ、天守閣は1874年取り壊し。
現在の天守閣は、1965年に鉄筋コンクリート造で復元され、戊辰戦争や会津の歴史などを紹介する資料館となっている最上階の展望台からは、会津若松市内、磐梯山まで見渡せる。
2000年に干飯櫓(ほしいやぐら)と南走長屋(みなみはしりながや)が木造で復元され。特に屋根が黒瓦ではなく、寒さに強い赤瓦で葺かれていることが特徴。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
超高層の足元の屋根



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
NSK 55期 通常総会

高性能湿式材料の需要拡大図る

NSK会長挨拶P2200843
総会で挨拶する藤井実広会長(エスケー化研)


NSK・本建築仕上材工業会が、令和元年5月10日、東京・明治記念館で、平成31年(令和元年)度通常総会を開催し、新年度事業計画などを決定した。

平成30年(暦年)の新設着工戸数は前年に比べ2.3%減少しているが、NSK生産数量の建築用仕上塗り材・左官材料・補修材料の総計は1.2%減少と健闘している。しかし生SL材(㎥)は、質量換算した場合は4.7%減少となっており、予断を許さない状態。

民間調査会社による今後の需要予測においても、新設住宅着工戸数は2020年度には
70万戸台、2030年度には約60万戸になると予測されている。さらに専門工事業者の不足が別途問題視されている。
大工を例に挙げると2015年時点では35万人であったが、2030年には21万人まで減少すると見込まれており、「大工の1人当たりの新設着工戸数」が年間約2戸前後であることから、約60万戸の需要でも供給できなくなる可能性が指摘されている。

改修市場は2030年までに年間6~7兆円台で横ばいに推移すると予想されている。
新築・リフォームを問わず高機能な製品の市場展開が期待されている中、今年度は性能を重視した湿式材料需要拡大を目指してゆく、としている。

建築用仕上塗材生産量
700 建築用仕上塗材生産量NSK生産量


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)